イギリスの高校進学!試験はある?入学資格は?

こんにちは!イギリスに修士留学をした、はらしょーです!

海外の高校に進学したい!と考えている人も少なくないと思います。

今回はイギリスの高校進学について紹介しようと思います。

実はイギリスには高校と呼ばれるものはありません。しかし日本の高校にあたるFurther educationという教育制度があります。

イギリスの教育制度は、日本とは異なるため、まずどんな教育制度なのかという事について、書いていこうと思います。

イギリスの高校留学

イギリスの教育制度

イギリスでは5歳から16歳が義務教育となっていて、プライマリースクールとセカンダリースクールに分かれています。

プライマリースクールは5歳~11歳で、7年間通います。

日本で言う小学校の役割を果たしています。

セカンダリースクールは日本でいう中学校で、11歳~16歳の生徒が通います。

このセカンダリースクールの終了時に GCSE(General Certificate of Secondary Education 全国統一学力試験)と呼ばれる試験を受験します 。

このテスト結果が、その後の進路に大きく影響していきます。

イギリスのFurther education

イギリスには高校と呼ばれる教育機関はありません。

義務教育を終えたあと、大学進学を希望する学生は、Further educationと呼ばれるカレッジやSixth formと呼ばれる二年間の大学受験用のコースを受けます。このFurther educationが日本で言う高校にあたります。

修了時に Aレベルや国際バカロレア と呼ばれるテストの結果をもとに進学先の大学を決めます。

つまり、日本で言う高校という教育制度は、このFurther educationに当たります。

またイギリスでは、大学進学前に就業をしたりするGAPイヤーを取る事も一般的ですので、全員が一斉に進路を決めるというわけではありません。

学校には親元の家庭から通学するDay Schoolと全寮制のBoarding Schoolがあり、留学生は基本的に寮があるボーディングスクールに通う事になるでしょう。

ボーディングスクールには公立と私立があり、公立校は授業料が基本的に無料で、かかる費用は寮費だけです。

しかし、国外からの生徒については定かではないため、専任のカウンセラーに相談する事をおすすめします。

アメリカでは一般的に公立と私立の教育の質に差があると言われていますが、

イギリスは公立学校も教育水準が高いことで知られています。

イギリスのボーディングスクールへの入学方法

ボーディングスクールへの入学条件

基本的にイギリスでは、学校各々が入学基準を設けています。

イギリスの学生は、中学修了時にうけるGCSEやIGCSEの結果を提出する必要があるため、日本からの入学の場合は各校ごとに入学規定の確認が必要です。

またアメリカのボーディングスクールとは違い、多くの学校で入学試験と面接が実施されます。しかし試験点数を含め、相対的評価して合否を決めるので試験が出来なかったから必ず合格できない!というわけではありません。

英語力

英語力については、様々なレベルの生徒を受け入れています。

また学校によっては、Sixth formの前に、準備英語コースを用意しています。

留学生向けに、独自の英語の試験を課しているところもあります。

いずれにせよ、入学前に英語の準備をしておくことは重要です。

イギリスへ進学のタイミング

イギリス渡航のタイミングは、中学卒業した年の9月に入学するのが一般的です。

しかしSixth formの入学時に英語力が満たない場合、準備コースに入るため、渡航が前倒しになる場合もあります。

イギリス高校留学の費用

ボーディングスクールの費用

授業料

公立の場合、基本的に授業料は無料ですが、私立の場合は学校によって授業料が異なります。参考程度にお考え下さい。

一般的に、私立のSixth formの授業料は年間で40,000ポンド言われています。

日本円計算だと、年で約600万円といったところでしょう。

この値段には寮費も含まれていますが、制服代などは別になります。

その他費用

航空券:10~15万円

保険代:10~20万円

ガーディアン費:10~30万円

※ガーディアンとは、18歳未満の留学生にとって必須となる後見人の事です。非常事態の時の対応や、休暇中のホームステイなどを引き受けてくれる場合もあります。契約や会社により費用は異なります。

イギリスのボーディングスクールの選び方

イギリスのボーディングスクール選び

日本でもそうですが、中学卒業後の進路は将来に大きく影響します。

一般的に、日本では学生と親御さん、進路指導の教員と三位一体で生徒の進路を決めます。

イギリスのボーディングスクールに通うと決心したのであれば、専任のカウンセラーに相談しながら進学先を決めることをお勧めします。

親元をはなれ、異国の地で勉強をする事になるので、本人に合った学校を見つける事が非常に大切です。

イギリスの学校について熟知をしたカウンセラーと学校を選ぶのが最善の方法だと思います。

また学校選びだけでなく、自分に合った信頼できる留学カウンセラーに相談をしましょう。

イギリスのボーディングスクールの魅力

日本に高校に比べると非常に高い、イギリスボーディングスクールの学費ですが、多くの魅力があります。

語学面

やはり、日本の高校進学との大きな違いは語学面での上達でしょう。

語学学習のスタートは若ければ若いほど、上達も早いです。

それに、多くの留学生を受け入れているボーディングスクールは英語を教えるプロでもあります。

無料の補講コースを開講しているところもあり、留学生に非常に優しいのがイギリスのボーディングスクールです。

進路

英語でAレベルや国際バカロレアを学ぶのは非常に困難だと思いますが、イギリスの大学への進学を考えているのであれば、入学した後に困ることが少なくなります。

アカデミックなライティングのスキルや、大学で使わなくてはならないベースの知識を学ぶことが出来るので、Sixth formの授業は非常に役に立ちます。

教育

単に勉強というだけでなく、異文化理解やコミュニケーションにおいて大きく成長が期待できるのが、イギリスのボーディングスクールです。

イギリスでは自ら考え、行動できる力を養う教育に重きを置いています。

また学生も、自分の専門性を早くから見出し、若いうちからその目標に向かって勉強している人が多いです。

そういった環境で学ぶことは非常に刺激的で、人間的に大きく成長できるチャンスでもあります。

まとめ

今回はイギリスの高校進学についてまとめてみました!

中学校を卒業し、進路について悩むことも多いと思います。

自分の進路について、日本だけではなく、世界の学校に目を向けてみるのも一つの手かもしれません。

自分合った進路を見つける為にも是非エージェントに相談してみて下さい!

こちらから資料請求して頂けます。

高校留学 関連記事

留学エージェントに資料請求

イギリス留学 関連記事

この記事の著者

はらしょー

はらしょー

今までアメリカ、オーストラリア、フィリピン、イギリスの4か国に留学しました!はらしょーです。
高校で2ヶ国にホームステイしましたが、大学生活では英語からかけ離れた生活を送ってました。新卒で会社に入社をしましたが留学をすることが諦めきれず、イギリスのLeeds Beckett Universityに修士留学をしました!

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ