カナダで趣味を磨く!お稽古留学にチャレンジしてみよう

カナダ留学

広大な自然と温厚な国民性が人気のカナダ。実はお稽古留学先にもうってつけの国なんです。

今回はカナダのお稽古留学についてご紹介します!

カナダって、どんなところ?

世界第2位の国土を持つ国です。そんな広大な国土には温厚な人々と世界各国からの移民が暮らしています。留学生の受け入れサポートもしっかりしており、留学先にも人気です。

語学留学だけでなく、ちょっとした特技が身に付けられるお稽古留学プログラムも用意されています。語学学校に通いながらのレッスンや、スクールで専門的に学ぶ…など様々な形が取ることができます。

カナダでできるお稽古留学

ダンス留学

バレエからストリートまで幅広いジャンルのダンスを学べます。有名なダンススクールや、短期でもしっかりレッスンできる学校があります。中には1日単位でレッスンスケジュールが組める学校も。

>カナダのダンス留学を詳しくみる

ネイルアート留学

老舗美容専門学校を中心にネイルアートが学べます。日系スクールもあり、日本語で授業が受けられます。上級者の方向けには、実際の就労期間付きCo-opプログラムがおすすめです。

>カナダのネイルアート留学を詳しくみる

カナダでの滞在方法は?

ホームステイ

実際のカナダの家庭を体験できることがメリット。ホストファミリーと会話することで語学力も身に付きます。学校側や留学エージェントが手配するため、合わないホストファミリーだった場合もあるのが難点。

シェアハウス

一軒家やアパートを複数人でシェアすることで費用を浮かせられます。国籍制限を設けたシェアハウスなら日本人オンリーの物件に住むこともできます。生活スペースが共同になることに抵抗のない方におすすめ。

学生寮

学校の徒歩圏内にある場合が多く、通学に便利です。食堂がある学生寮なら食費も安く住ませられます。ただし、長期滞在前提の学校が多いため1~2週間ほどの短期留学にはあまり向いていません。

カナダ留学

カナダでの生活費はどのくらい?

1ヶ月の滞在費は1300ドル(約11万円)が目安です。内訳としては、家賃:850ドル(約7万円)食費:300ドル(約2.5万円)交通費・通信費:140ドル(約1万円)ほど。

自炊にしたり興楽費を削ると節約できますが、せっかく留学するなら外食や観光も楽しみたいところ。生活費は多めに用意して渡航しましょう!

カナダのお稽古留学の条件は?

お稽古留学の条件は、18,19歳以上かつ高校卒業以上という以外には特にありません。語学力が求められる学校は少数です。

技術力は初心者向けコースが用意された学校であれば安心。周りの生徒も初心者のため、差を感じることなく楽しんでレッスンが受けられます。

英語の授業についていけるか不安という方には、日系スクールや語学学校に通いながらの通学がおすすめです。

カナダ留学

短期留学でも行きたい!カナダの観光スポット

ナイアガラの滝

アメリカとの境界にある世界遺産の滝。「霧の乙女号」という船に乗って滝壺を間近で見るツアーも。周辺にはナイアガラ・オン・ザ・レイクというカナダ最大のワイン生産地もあります。

プリンスエドワード島

小説「赤毛のアン」の舞台になった地として有名です。小説のファンが多く訪れる場所でもありますが、ロブスター、オイスターといったグルメも食通に好まれています。

バンフ国立公園

ルイーズ湖、モレーン湖などの美しい湖が有名な、世界で3番目に古い国立公園です。登山やカヌー、スキーなど季節によって様々なアクティビティが楽しめます。

メープル街道

秋に留学に訪れるなら行っておきたいスポット。カナダの国旗にもある楓(メープル)の木が街道に沿って美しく並んでいます。メープル街道の終着点にはナイアガラの滝があり、滝と紅葉をセットで見ることもできます。

まとめ

カナダ観光

カナダでは語学留学にも人気ですが、ネイルアートやダンスのようなジャンルを学ぶこともできます。何か特技が欲しい、今ある趣味をさらに磨きたいという方は、カナダのお稽古留学に挑戦してみてください!

留学voiceでは様々なプログラムが載っている資料を請求できるので、興味を持った方はぜひどうぞ。

留学エージェントに資料請求

カナダ留学 関連記事

留学エージェントに資料請求

お稽古留学 関連記事

> カナダ留学のおすすめ留学エージェント

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

masa

関連記事

ページ上部へ戻る