オーストラリアでインターンシップに挑戦!どう探す?

海外インターンシップ

ブリスベンに留学中のイツキです。今回の記事ではオーストラリアですることができるインターンシップについて紹介したいと思います。主に探し方について触れていきます。

語学学校からのインターンシップ紹介

一番インターンシップを手っ取り早く見つける方法は語学学校からの紹介です。オーストラリアの語学学校には無給インターンをプログラムの一つして取り入れている所があります。英語力がある程度あり、仲介料を払いさえすればインターンシップに参加する事ができます。実際に自分が通っている語学学校もインターンシップのプログラムを実施しており、日本人の学生にとっては人気のプログラムの一つです。

語学学校からのインターンシップの良い点は、業界を自分の希望する所に絞れるという所です。教育、広告から飲食、ホテル業といった選択肢から選ぶことができるため、幅広い分野で選ぶことができます。

語学学校からのインターンシップの欠点を挙げるとすれば、仲介料です。私の学校の場合ですと800ドル仲介料として取られます。インターン自体も無給なため、コストがかかる所が大きな懸念材料になります。

インターンシップ

インターネットサイトからの応募

オーストラリアではインターネットサイトから直接インターンに応募することができます。以前の記事でも紹介したGumtreeというwebサイトからインターンを探す事ができます。

このGumtreeでは現地の企業が直接インターンの募集を行っているので、自ら直接企業の方と連絡を取り合うことができます。業種はマーケティングや会計といった本格的なビジネスに関するものが多いです。そのためかなり高度な英語が求められるのと、そのようなことに関わっていた経験を求められるケースが多いです。なおかつ現地の学生や留学生も多くこのようなインターンに応募するため競争率は高いです。

私の友達は実際にGumtreeからの応募でインターンシップをしています。教育系の団体でマーケテインングのインターンをしているそうで毎回、貴重な経験をさせてもらっているそうです。難易度はかなり高いですが現地の企業で費用を払わずに働けることはかなり良い待遇だと思います。

インターンシップ

直接履歴書を配りにいく

オーストラリアではアルバイト探し同様にインターンも直接履歴書を配りにいくことで見つけられる可能性はあります。オーストラリアには多くの日系の企業があるため、そのような所で配りにいくことは効果的です。日系企業の人達からすると、直接売り込みにくる学生というのは珍しいらしく、興味を持ってくれるそうです。

実際に私の友達は現地の留学エージェントに売り込みにいき、そこからインターンとして雇われたそうです。主に事務的な仕事をしているそうですが、たまに現地の語学学校の訪問等に同行させてもらえることもあるそうで、日本に帰国後に役立ちそうなビジネススキルを磨いているそうです。基本的にはこのインターンも無給ですが、長期間行うと正式に雇用される場合もあり給料も発生する場合があるそうです。

 

英語の勉強だけでなく、新しい事に挑戦してみたい方は是非こちらでインターンを探してみてはいかかがでしょうか?

海外インターンシップ留学 関連記事

オーストラリア留学 関連記事

> オーストラリア留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ