【語学留学】イギリスで学ぶケンブリッジ英語力検定試験

こんにちは。留学voice特派員のなおです!
ケンブリッジ英語能力試験というものをご存知ですか?
その名の通りケンブリッジ大学によって作られた英検です!
今回は、ケンブリッジ英語検定をイギリスで学ぶ語学留学についてご紹介したいと思います。

ケンブリッジ英語能力検定とは?

留学に興味ある人や、留学経験者ですら名前を少し聞いたことがある程度でケンブリッジ英語能力検定を知っている人は少ないのではないでしょうか?
日本ではまだまだ馴染みが薄いですが、世界的には様々な教育機関、企業が採用している英語能力試験です。
英語能力試験としてIELTSやTOEFL、TOEICが有名ですが、IELTS、TOEFLはアカデミック向けで日常会話では使わない単語なども出てきます。
一方、ケンブリッジ英語検定は実用的な英語というものをテーマにしています。
IELTSなどの点数制ではなく、Key English Test(KET)、Preliminary English Test (PET)、First Certificate in English (FCE)、Certificate in Advanced English (CAE)、Certificate of Proficiency in English (CPE)の5段階のレベルから選んで受験し合格・不合格という形で結果がでます。
1番難しいCPEでは、TOEFL IBT満点以上とも言われていますが、一番簡単なKETでは英検3級レベルで英語初級者が最初に目指せるレベルとなっています。
また、5段階と前述しましたが、実際にはYLE ヤングラーナーズという小学生向けとBECというビジネス向けのものもあります。
そして、内容は実用的なものになっているため、日常会話や上級者になってくるとメールの文章の書き方であったりと、子どもから大人まで英語が“話せる”ようになりたいという方には最適な試験です。
受験料は、受験会場によって変わってきます。ケンブリッジ英語能力検定ホームページから受験申込へ進み、試験の選択をします。自分のレベルにあった試験を選び、受験国を日本に設定すると、その試験が受けられる日本国内の会場が出てきます。
そして、各会場のホームページでの申し込みとなります。
都内の主要な会場である、Z会では1番簡単なレベルは9000円、1番難しいレベルになると23,500円になります。
他の会場だと27000円であったりと、会場によって受験料が変わってくるので気を付けましょう。
ケンブリッジケンブリッジ英語能力検定ホームページ

イギリスで語学留学する魅力

london

英語と言えばイギリスの言葉です。アメリカやカナダ、オーストラリアなどでも英語が第一言語として話されますが元々はイギリスの言葉です。
実際に、世界公用語として話される英語は、スペル、ボキャブラリーすべてがアメリカ英語ではなくイギリス英語になっています。
また、イギリスの英語は丁寧できれいと言われています。
国民性からくるものかも知れませんが、イギリスに1年間留学していた私もそう感じました。
イギリス英語では、副詞を多用したり、pleaseをつけたりします。
イギリスへ語学留学することで、本場のブリティッシュ英語も身に着けることができます。

イギリス留学のおすすめ都市

ロンドン

イギリス ロンドン

ビッグベンやロンドンアイ、大英博物館など多くの観光名所も集まるイギリスの首都。

物価の高いイギリスの中でも特にロンドンは高いですが、博物館や美術館、ミュージカル劇場などたくさん遊ぶところがあり充実した生活が送れると思います!

また、Japan Centreという日本のブランド米やお酒、明太子やしゃぶしゃぶ用の薄切り肉など日本食品、製品が手に入るスーパーマーケットもあるので、日本文化が恋しくなるということもないと思います!

ブライトン

イギリス ブライトン

イングランド南部にあるイギリスでも有数のリゾート地!

夏には多くの人で賑わいます。また、同性愛者の人々が集まるレズビアン、ゲイの無差別化を目指すお祭りが8月に行われ、レズビアンやゲイの方だけでなく、観光客にも人気です。

ロンドンまで電車で約1時間とロンドンとも遠くありません。

ケンブリッジ

イギリス ケンブリッジ

ケンブリッジ大学でも有名な都市であり、人口の2割が学生という大学都市!

市内バスもありますが多くの人は自転車を利用する落ち着いた雰囲気の街です!

ロンドンからはバスで2時間、電車で45分~80分程度の距離となっています。

イギリスでケンブリッジ英語検定対策コースのあるおすすめ語学学校

CSEロンドン校(ロンドン)

CSEロンドン校のケンブリッジ英語能力検定対策コースでは、フルタイムで1週間27.5時間勉強するというoctorial programmeというこの語学学校のプログラムに沿った方法で進められていきます。
octorial programmeでは、8人という他校の少人数クラスよりもさらに少ない少人数クラスで行い、また先生と生徒の近い距離間により生徒をフォローしていきます。

CSEロンドン校ホームページでは以下のサンプルスケジュールを紹介しています。
08.45 – 09.00 Morning Plenary
09.00 – 10.00 Spoken Performance Workshop
10.00 – 10.15 Break
10.15 – 11.15 Grammar, Logic and Rhetoric
11.15 – 11.30 Break
11.30 – 12.30 Comprehension, Vocabulary and Précis
12.30 – 13.00 Team Project
13.00 – 14.00 Lunch
14.00 – 15.00 Composition and text analysis: exam focus
15.00 – 15.15 Break
15.15 – 16.15 Repeated practice tests and drills under timed conditions
16.15 – 16.30 Plenary session
16.30 Cultural Programme
CSEロンドン校

費用

  • 2~3週間:542ポンド
  • 4~7週間:512ポンド
  • 8~11週間:482ポンド
  • 12~52週間:457ポンド

セントジャイルズ ロンドンハイゲイト(ロンドン)

セントジャイルズ語学学校は、1955年にロンドンに設立され、現在ではカナダ、アメリカセントジャイルズ ロンドンハイゲイトのケンブリッジ英語能力検定対策コースは8週間~12週間と比較的長期間のコースとなっています。しかし、その分他の語学学校と比べると1週間当たりのお値段がかなりお安くなっています。
9.00-15.40の週28レッスンコースと9.00-13.00の週20レッスンコースがあります。8週間から12週間という長いようで短い期間で英語を詰め込みたいという方は28レッスンコース、お昼で授業を終わらせて観光したり、イギリス文化を楽しんだりしたいという方は20レッスンコースをおすすめします。

費用

  • 8~11週間

300ポンド/週(28レッスン)

235ポンド/週(20レッスン)

  • 12週間

282ポンド/週(28レッスン)

221ポンド/週(20レッスン)

セントジャイルズ ロンドンハイゲイト

イギリス留学に必要なビザは?

日本国籍者のイギリス留学は通常6か月以内であればビザは必要ありません。

6か月以上留学される方は以下いずれかのビザを取得することになると思います。

11 Month Short-term Studyビザ

6か月以上11か月未満イギリスに留学される方用のビザです。

6 Month Short-term Studyビザ

6か月未満の留学される方向けのビザです。

日本国籍であれば必要ありません。

Tier4ビザ

6か月以上留学される方向けのビザです。現地大学へ正規入学や交換留学される方がよく使用します。

この学生ビザには、週20時間の就労が認められています。

語学学校に通う学生も申請可能対象ではあるもののTier4ビザは基本的にはイギリスの大学、大学院へ進学する人(交換留学を含む)を対象としているビザです。tier4ビザを就労目的で取得して入国をする人が増えてしまい2012年以降イギリス政府はtier4ビザ取得基準を見直し、取り締まりを強化し始めました。イギリスで学位レベル、または学位レベルへ進学予定でない人がtier4ビザを利用してインターンをすることは非常に厳しいと思われます。

また、CEFR B2レベル(IELTS5.5以上のレベル)、学位レベルでなければCEFR B1レベル(IELTS4.0以上のレベル)というある程度の英語力も求められます。

YMS(Youth Mobility Scheme)ビザ

イギリスにはワーホリビザがなく、代わりにYMSという同等のビザがあります。このワーホリビザを利用してインターンなどの就労をしながら語学学校へ通うということも可能です。

条件は、①日本国籍を有していること。②18歳以上31歳未満の者。③過去にこの制度を使ってイギリスへの渡航歴がないこと。のみです。

定員1,000名という枠に加え、2年間も滞在できるため非常に倍率が高く、10〜20倍と言われています。

例年1月、7月に抽選によって渡航者が決まります。

1月の抽選で800人が選ばれるため、1月での申し込みをおすすめします。

※ビザの条件に関しては複雑な部分が多いので、留学エージェント、またはイギリス大使館へのお問い合わせをおすすめします。特に、イギリスのビザ情報は頻繁に変更されています。

まとめ

ケンブリッジ英語能力検定は日本ではまだまだ認知度の低い試験ではありますが、世界的にはとても有名で様々ななシチュエーションで使用することができます。

また、実用的な英語をテーマに作成されているため、ケンブリッジ英語能力検定を勉強することは英語を話せるようになりたい方には最適です。

英語の本場、イギリスにはたくさんの語学学校があります。

是非チェックしてみてください。

留学エージェントに資料請求

イギリス留学 関連記事

> イギリス留学のおすすめ留学エージェント

留学エージェントに資料請求

ケンブリッジ英語検定対策留学&語学留学 関連記事

語学検定対策留学 関連記事

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

なお

なお

イギリスのリーズ大学に1年間交換留学していました!
大学卒業後、今年9月から修士課程のためイギリスに戻ります!!!
よろしくお願いします♪

関連記事

ページ上部へ戻る