イギリス語学留学。語学学校は何で選ぶ?

語学学校

はじめに

みなさん、こんにちは!Dスケです。僕は、社会人になって3年目での留学を決意したのですが、社会人での留学は、語学留学とMBA取得留学の2つがメインですよね。

僕もいつか必要になればMBAも取得したいなとは思いますが、今僕に必要なのは英語力と、世界を見る目なので、語学留学にしました。

留学には、人それぞれの目的あって、みなさんが決めた全ての理由が正解だと思います。

そこで、僕と同じ語学学校に通い実践で使える語学力を伸ばしたいと思っている方にぜひ、見ていただければと思います。

ロンドンの語学学校はいいの?

最初に、これは絶対に気になりますよね。笑 

そもそも、ロンドンって語学学校の質は高いのか?ということなんですが、ロンドンには多くの語学学校が集結しています。

語学学校の熾烈な市場競争が出来上がっており、価格、設備、品質、サービス、特典など、それぞれの学校が、しのぎを削っている状況です。

なので、品質は高いと言ってもいいと思います。日本の語学学校、いわゆる英会話などは、1回60分で1万円くらいしますよね。

僕も、社会人で働きながら英語の勉強をしようと思い、英会話に行っていたのですが、1週間に1回だけでは全然物足りなく感じていました。

僕が通うロンドンの語学学校は、比較的安い学校なので1週間25時間(1日5時間のレッスン)で、3万円くらいです。日本だと、25万円くらいしますね。笑 

安く学校に通いながら、あとは自分で勉強したり、友人との会話で磨きをかけたいと思う方にはロンドンの語学学校はおすすめです。

逆に、学校にしっかりと行って、学習したい!という方にも、カリキュラムががっちり固められた学校もあるので、そちらを受講することをおすすめします。

つまりロンドンには、本当に多くの語学学校が存在しており、自分にあった語学学校を選ぶことができます!

また、ロンドンは国際的豊かな街ということもあり、あらゆる人種が語学学校に通っています。その中で授業を受けられるっていうのは、本当に素晴らしい機会だと思います。いっぱい新たな出会いもあると思います。

語学留学

語学学校のカリキュラムはどういうもの?

僕が受講する予定の語学学校のカリキュラムをご紹介しますね。

基本的には、どこの語学学校もカリキュラムは同じだと思います。

一般コースとビジネスコースの2つがあります。

一般コースでは、日常会話のレベルに合わせて4クラスくらいに分けられています。最初に、テストを受けてクラス分けされます。そこから、英語力の進捗状況に合わせて、チューター(レセプションの方)と相談し、クラスを変えていきます。

価格は、一般コースよりもビジネスコースの方が高く設定されている学校もありますが、僕の通う予定の学校は一般コースとビジネスコースは同価格なので、いつでも変更可能とのことでした。

基本的には1週間おきにコースが決められているので、1週間の終わりにコースを変更したいと申し出れば変更してもらえるそうです。

一般コースでは、テキストを使いながら日常会話を学ぶわけですが、スピーキングを重視する学校なのか、リーディングを重視する学校なのかは、それぞれの学校によると思います。

僕は、TOEICやIETLSなどの対策はいいからとにかくスピーキング!

発音を良くしたいし、いっぱい喋りたい!と思う派なので、スピーキングを重視している学校を選びました。これは、学校選びで最も重要な指針の1つだと思います。

カリキュラム以外の語学学校の選ぶ指針

カリキュラム以外に語学学校を選ぶ指針は、「価格」「立地」「設備」「サービス」「オプション」「クラス人数」など色々ある中、よく見落とされるのが「国際性」という指針です。

これは、その学校にどんな国の方が留学されているかというものです。

ネットで調べれば、すぐに出てくるのチェックしてみてください!僕は、この「国際性」という指針で、「日本人が少ない学校」というものを条件に入れていました。

よく留学生の話を聞くと、学校に日本人がいて、絶対日本語を話さないと決めていても、ついつい日本人と仲良くなってしまう。というからです。

僕は、絶対に日本人を見つけたら速攻で声をかけるタイプなので、なるべく日本人が少ない学校を選び、自分を英語しか話さない環境に追い込みたいと思っています。(でも心のどこかで、日本人いてくれと思う)

このように、いろんな指針を持って、みなさんも語学学校を選んでみてくださいね!行ったことがないぶん、留学代理店任せではなく、情報収集はとても大切です!

語学学校の仲間

おわりに

留学の失敗とは、自分の目的を達成できなかったことだと思います。とにかく、目的を持ってそれを達成する。

もちろん、留学の際には自分が持った目的以外にも想像を超えた経験ができると思います。ただ、「いろんな経験ができた」で終わらせるのは勿体無いですよね。

そのためにも自分の目的にあった学校選びはとても重要かつ、決断するまでに時間もかかるものだと思います。

留学の語学学校で後悔しないためには、まずは自分でも情報の収集をしてみてくださいね!

それでは、次回の投稿をお楽しみに!ありがとうございます!

この記事の著者

Dスケ

Dスケ

名前 Dスケ(小部家大将)
年齢 26歳
出身 大阪府豊中市
経歴
関西大学社会安全学部 卒業
大手企業に入社
ロンドン留学を決意し退職

趣味
映画鑑賞(年間100本以上は鑑賞しています)
バドミントン、テニス(練習中です)
美術館、博物館、カフェ巡り
写真撮影、ブログ作成
ファッション
資格の取得(基本的にはいろんなことを学ぶことが好き)

おすすめの映画
ニコール・キッドマンが出演している映画は個人的に全て好き
その他「PS I love you」「独裁者」「エリンブロコビッチ」
「オーロラの彼方へ」「今を生きる」など

好きな言葉
「stay hungry, stay foolish」 by スティーブ・ジョブズ

メッセージ
社会人になってからの留学はかなりハードルが高いのでは?と思われている方がほとんどだと思います。
今、留学を考えいてるけど迷っているという人も多くいると思います。
僕自身も大手企業を退職したことで周りの人からかなり、ネガティブな意見も言われました。
留学に意味があるのではなく、そこで何を学び次にどう活かすかが重要だということを心に留めて

ロンドンへ留学します。そこでの経験や学び得たことをみなさんと共有していきたいと思います。

また、留学情報だけでなくイギリスで流行しているものや
ヨーロッパのファッション・グッズなどをご紹介できればと思いますので
これから僕の留学を通して、皆さまと繋がりを持つことができることを心から楽しみにしております。
どうぞ、よろしくお願いいたします!

関連記事

ページ上部へ戻る