[イギリス語学留学]語学学校は、休む人が続出する!?

イギリス語学留学 語学学校を休む

はじめに

みなさん、こんにちは!Dスケです。今日は、イギリスは連続で4日目の雨です。雨の日はなかなか、どこかに出かけようという気にはなりませんが、多くの博物館や美術館がイギリスにあるので楽しむことができます。中に入ってしまえば、雨に濡れる心配もないですから!

そして、今回は語学学校の現状について少しネガティブな一面をご紹介したいと思います。

学校は休むのが日常的

僕が通う語学学校は、無断での欠席が続いたり出席率が80%ないと、最悪退校させられると最初のイントラダクションで言われました。僕は、なんで語学留学に来ていて、学校を休むんだろうと休むわけないよ~と考えていました。

しかし、最初の1週間目から僕のクラスメイトはバンバン休むを取っていて、風邪かな?と思うと、単なるサボりだったりします。事実、語学学校は多くの学生が休みます。もちろん、学校に連絡して事情を説明して休むのはOKですが、出席率は自分で管理する必要があります。

僕の日本人の友人は、休む癖がついていて出席率50%になってしまい学校長に呼び出され、厳重注意を受けたとのことです。ちなみに、僕は出席率100%です!

学校を休む理由は?

僕は出席率100%とはいうものの、「休みたい」と思う気持ちがないわけではないです。本当にイギリスは雨が多い国なので、朝から雨が降っていたり、前の日に少し夜更かしすると朝の8時45分からスタートする授業に行きたくないと思ってしまうことは正直あります。

また生徒が休む主な理由は、「めんどくさい」です。語学学校はもちろん自費なので休んでも特に問題はなく(卒業とか関係ないので)、周りの学生が休んでいたりするので、1日くらい休んでもいいやという気持ちになります。

その他にも今日は「家で映画をみて英語の勉強する」など、自分に言い訳をついて学校を休むという選択をする人もいます。

イギリス留学で通っている語学学校

休まない対策は?

僕が実践している学校を休まない対策とは、「1日たりとも休まない」ということを心がけることです。

1日でも休むとその癖がついてしまい、休むことへの罪悪感がどんどん薄れてきてしましまいます。なので僕はとにかくしんどくても、体だけは学校に運ぶというのを徹底しています。

友達は最初「週に1回だけしか休まない」という謎のルールでやっていて「週に2~3日」休むようになっていました。とにかく留学期間は語学学校へ行くことが、仕事であり使命だと思うことが大切です。

住む場所も重要!

語学学校に通うことへのめんどくささは、住む場所にもよります。学校から1時間離れた場所に住んでいて、8時45分スタートだと家を7時45分には出ないといけず、そして起きるのは6時45分になります。そして、イギリスの朝の電車は、日本と同じで通勤ラッシュなのでぎゅうぎゅう詰めになりながら通学することになります。そうなると、学校に行くまでのネガティブ要素が強くなり結果「休む」という選択を取ることになります。

僕は、そういうこともあって少々高くても学校から徒歩でいける距離の場所に家を借りることを決めました。

皆さんももし語学学校に100%サボらずに行くことを決めているのなら、家は語学学校から徒歩で通える距離にした方がいいと思います。

語学学校までの通学方法

おわりに

今回は、語学学校のネガティブな実情についてお話しをさせていただきましたが、これはイギリスに関わらず留学あるあるの1つだと思います。

社会人より学生の方がサボりやすいのは、お金を親に支払ってもらっているからなどの理由があると思います。社会人は相当の覚悟で来ているのでそんなに休んでいる人はいないです。

留学を検討されている方、現在留学をしている方、「100%出席する」という気持ちで一緒に頑張って行きましょう!

この記事の著者

Dスケ

Dスケ

名前 Dスケ(小部家大将)
年齢 26歳
出身 大阪府豊中市
経歴
関西大学社会安全学部 卒業
大手企業に入社
ロンドン留学を決意し退職

趣味
映画鑑賞(年間100本以上は鑑賞しています)
バドミントン、テニス(練習中です)
美術館、博物館、カフェ巡り
写真撮影、ブログ作成
ファッション
資格の取得(基本的にはいろんなことを学ぶことが好き)

おすすめの映画
ニコール・キッドマンが出演している映画は個人的に全て好き
その他「PS I love you」「独裁者」「エリンブロコビッチ」
「オーロラの彼方へ」「今を生きる」など

好きな言葉
「stay hungry, stay foolish」 by スティーブ・ジョブズ

メッセージ
社会人になってからの留学はかなりハードルが高いのでは?と思われている方がほとんどだと思います。
今、留学を考えいてるけど迷っているという人も多くいると思います。
僕自身も大手企業を退職したことで周りの人からかなり、ネガティブな意見も言われました。
留学に意味があるのではなく、そこで何を学び次にどう活かすかが重要だということを心に留めて

ロンドンへ留学します。そこでの経験や学び得たことをみなさんと共有していきたいと思います。

また、留学情報だけでなくイギリスで流行しているものや
ヨーロッパのファッション・グッズなどをご紹介できればと思いますので
これから僕の留学を通して、皆さまと繋がりを持つことができることを心から楽しみにしております。
どうぞ、よろしくお願いいたします!

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ