フィリピンでの語学留学!どんな授業?滞在方法は?

フィリピンのビーチ

イツキです。今回の記事ではフィリピンの語学学校がどのようなものか紹介していきたいと思います。

フィリピンといえば、マンツーマンの授業形式

まずは語学学校の授業の形式について説明したいと思います。フィリピンの語学学校の多くは基本的には1:1で教えるマンツーマンの授業形式を取っている事が多いです。

このマンツーマン形式の良い所は英単語を発する機会は、日本国内の英会話教室やグループレッスンの語学留学に比べて、なんと4倍~8倍というところです。
グループレッスンだと発言しづらい、海外で人見知りしがちのシャイな方や、英語にまだ自身がない方にはマンツーマンレッスンの語学留学がおすすめです。

そしてマンツーマンレッスンなら、わからないところやつまずいた課題をそのままにして、次のレッスンに進むことはありません。1日6時間レッスンを約2か月~3ヶ月間受けると、現地の英語に耳が慣れてきますので、そこから飛躍的に英語のコミュニケーション能力がアップすると言われています。私は1ヶ月だけの留学でしたが、渡航前に比べるとその一ヶ月でかなり英語のコミュニケーション能力が伸びたと感じました。

マンツーマンレッスンでは、個々の生徒に合わせて、授業のスピードや難易度が変わるため、初級レベルから上級・ビジネス英語まで、個人の能力に合わせた柔軟なレッスンができるので、グループに合わせる方が好みでない方には、かなり向いている授業形式であると思います。

フィリピンの街

朝から夕方までの勉強、学校によっては夜まで

語学学校は上記のマンツーマンの授業、語学学校によっては含まれているグループでの授業が朝から夕方から続きます。正直いってかなりハードですが、その分英語力の向上には大分つながっております。なので、短期間での留学でも英語力が伸びるのがフィリピン留学の魅力です。

中には夜まで続くコース、通称スパルタ式取り入れている語学学校もあります。

通常の語学学校では授業が終了した夕方から夜22時くらい(学校によっては門限なし)まで外出をすることができますが、スパルタ式の語学学校では平日月曜日から木曜日、もしくは月曜日から金曜日の放課後の外出を禁止しています。

さらに、スパルタ式語学学校では毎日単語または熟語テストを参加必須で行っている学校が大半となります。学校によっては単語と熟語両方のテストを実施している学校もあります。テストで一定の点数を取れなかった場合はペナルティーとして週末も外出禁止になることもあるので、普段コツコツと勉強することが苦手な方でも週末のために予習勉強を頑張ることができます。

正直スパルタ式は、自分のペースで勉強したい方にはおすすめしません。短期間でワーホリ、欧米圏の留学に備えたい。なるべく早く英語の能力を底上げしたいという方にはおすすめです。

フィリピンの食事

基本的には寮生活

フィリピンで語学留学する場合、基本的には学校に併設されている寮で生活する事になります。近場のホテルから通う人もいますが、費用もかかるため、大抵の人は寮生活をしています。

そして食事も3食提供されます。食堂で食べたいものを食べるだけでよいので、食事にかかる時間は当然節約できます。そのため英語の勉強の時間を自炊、外食のために割かれることはないです。

学校によって違いますが、自分の所はビュッフェ形式で好きな料理を選んで好きなだけ、皿に盛りつけます形式でした。メニューは毎回違い、だいたいパンかご飯1品にサブのおかずを3品、スープ、デザート、飲み物といったところでしたが、味付けは結構おいしかったので、食事には困る事はありませんでした。

寮の部屋は大体1人部屋から4人部屋まであります。ルームメイトと仲良くなると友達の輪も広がるので英語力に自信のない方は1人部屋ではなく2~4人部屋を選ぶことをお勧めします。私は4人部屋だったので、ルームメイト同士で、ご飯を食べにいったり、出かけたりと楽しく過ごす事ができました。

初めての寮生活でもフィリピン留学では問題なく、楽しく生活することができますよ。

生活面、授業の質の面でも欧米留学に負けないくらいの留学をすることができるフィリピンでの語学留学はお勧めです。

留学エージェントに資料請求

フィリピン留学&語学留学 関連記事

フィリピンの都市
LINEで送る
Pocket

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

関連記事

ページ上部へ戻る