フィリピン留学で一番人気の場所!セブ島って、どんなところ?

フィリピン セブ島

イツキです。私は1ヶ月のフィリピン留学を経験しましたが、滞在地はセブという場所にいました。このセブという場所はフィリピン留学にいく日本人にとっては一番人気の場所、

そこで今回はセブという場所について詳しく紹介したいと思います。

セブ島は世界的にも有名なリゾート地

まずセブが留学先として人気である理由の一つに、セブが世界的にも有名なリゾート地であるということが挙がります。美しい海辺、多くの離島、自然地帯など見所があります。ダイビングが好きな人なら有名なダイビングスポットもあり、海好きな人には大人気のリゾート地です。日本からでは直行便で、約5時間で来る事ができるため、多くの日本人が毎年訪れます。

また、天気も温暖で、セブ島の年間平均気温は26℃~27℃位でとても温暖な気候です。
季節は雨季と乾季とに分かれており、6月〜11月位が雨季、12月〜5月位が乾季にあたります。また、雨季とはいっても、日本の梅雨のように朝から晩まで雨がずっと降っているわけではなく、1日のうちのどこかでスコールが降るくらいのことが多く、それ以外の時間帯は太陽が出ていることが多いです。この気候の過ごしやすさもセブ島が人気である理由の一つといえるでしょう。

セブ島のお土産物屋

語学学校が豊富

セブ島は人気の留学地であるため、語学学校が多く点在しています。なので、自分の好み、目的、環境にあった語学学校を選択できるという利点があります。フィリピンの語学学校は基本的に講師とのマンツーマンの授業の形式が一般的ですが、語学学校によってはグループで行う授業も取り入れている所、またTOEICの授業を取り入れている所と学校によって特色が違います。その為、自分の勉強したいことに合わせた学校選びができます。

授業面だけでなく生活面も重要で、食事が日本人に合わせたものが提供されるか、生活に必要な設備が完備されているか、など語学学校によって環境が変わってきます。

私が滞在していた学校は、食事もおいしく、寮も快適で、特に問題なく過ごせましたが、他の学校に留学していた知人は、環境が合わなく、生活にとても苦労をしたと言っていました。なので、語学学校選びはフィリピン留学をするうえでとても重要です。その分セブ島は語学学校の種類が豊富なので、自分に合うものを探せるということは大きな利点です。

もし不安であればエージェント等に相談すれば、簡単に自分にあった学校が見つかりますよ。

フィリピン セブ島

休日には、様々な観光

基本的に語学学校は平日、朝から夕方までみっちり行われますが、土日は休み、休日は観光を楽しむことができます。例えば、セブ島から船で約1時間半でついてしまうボホール島には、希少な動物メガネザルの保護地域があります。とっても小さくて繊細な動物ですが、彼らを間近でみることができます。

ボホール島ではメガネザル以外にもチョコレートヒルズという360°を1000個の丘に囲まれた絶景スポットや、ジャングルの中を川下りしながら船上ブッフェランチが堪能できるリバークルーズなど、多くの見所がありますよ。

他にもジンベイザメのふるさとと言われるセブ島南部にある漁村オスロブでは、ジンベイザメと一緒に泳いでいる写真が撮ることができ、船の上から餌付けをするといった斬新な体験ができます。本当の目の前をジンベイザメが泳いで行く様子をみるのはかなりの迫力でした。奇跡の漁村と称されるオスロブが世界で初めて野生のジンベイザメへの餌付けに成功させ、今やセブ島が誇る花形アクティビティとなっています。

詳しい情報はネットで調べればすぐでてきますので、興味がある方は調べてみてはいかがでしょうか?

フィリピンでダイビング

多くの日本人がいるので安心

セブ島で語学留学する場合は、語学学校に通う人は日本人がほとんどです。

そのため、英語に自信がないかたでも、安心して友達を作る事ができますよ。私のところは日本人が多かったので、友達になるのも早かったですし、休日はみんなで遊びに行き、楽しく過ごす事ができました。

かといって、日本人で固まってはしまっては英語の勉強に支障に出るわけではないです。

基本的にフィリピン人の教師とマンツーマンで朝から夕方まで話すため、会話はほぼ英語です。なので、日々の生活は基本的に英語漬け、逆に日本語を話すことは一つの息抜きになります。

そして日本人以外にも、台湾人、韓国人といった国の人達も割合は少ないですが、留学している為、英語をより話したければ彼らと英語でコミュニケーションを取ることができますよ。

 

セブ島は勉強面、生活面にも優れた日本人におすすめの場所ですよ。

留学エージェントに資料請求

フィリピン留学&語学留学 関連記事

フィリピンの都市
LINEで送る
Pocket

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

関連記事

ページ上部へ戻る