教育水準の高いニュージーランドで、TOEIC対策の語学留学!

TOEIC対策

イツキです。今回の記事ではニュージーランドでのTOEIC対策 語学留学について紹介していきたいと思います。

ニュージーランドでの語学留学のメリット

一つ目のメリットは日本人の留学生の割合が少ない事。

ニュージーランドは英語圏の国で留学の候補地の一つですがアメリカ、オーストラリア、カナダに比べると日本人の割合が少ないです。その分、日本語を話す機会が少なくなり、普段の生活の中で日本語を話す機会が多くなることになります。

学校だけでなく日常生活でも英語を多用することは自身の英語力向上に良い影響与えてくれるので、英語学習に適した環境といえるでしょう。

 

二つ目のメリットはニュージーランドは世界でも教育水準が高い国という事。

特に大学は国によってしっかり管理されており、学部も豊富にあるので大学の質は高いといえます。

また、大学だけでなく語学学校の質も高く、IELTSやTOEFLなどの資格対策もしっかりとサポートしてくれます。教育システムが高いニュージーランドで留学することで、質のいい教育を受けることができるでしょう。

ニュージーランド

TOEIC対策を学べるおすすめ語学学校

Crown Institute of Studies(オークランド)

ビジネス系の専門学校を併設している語学学校、同じ建物内にあるので留学生だけでなく専門学校に通う地元の学生とも交流を持つことができるのが魅力です。

英語コースでは、短期間に集中して英語力アップを図る「 X 」 クラスが在校生から人気を集めています。

専門学校ではビジネス系とホスピタリティ系の専門コースが学べて、語学力が規定のレベルに達すればニュージーランドの学生と一緒に専門コースで学ぶことも可能になります。

英語だけでなく専門知識も学びたい人にオススメで日本人カウンセラーが常駐していて生活面から勉強についてまでトータルサポートをしてくれるので心強いです。

 

この学校はEnglish PRO TOEIC Afternoon Courseという週に23時間のTOEICコースを開講しています。期間は6週間の短期コース費用は1,140ドルとなっています。

Language Studies International Auckland(オークランド)

LSIオークランド校は、オークランドの中心地にあります。

メイヤーズパークに面しており、カフェやレストランが多いので、快適な留学生活を送ることが出来ます。交通の便も非常に良く生活しやすい環境です。広く明るい教室、無線LAN、TVやDVDのあるコンピュータルーム、図書室など語学勉強を進める環境が整っています。学生ラウンジには冷蔵庫と電子レンジが設置され、ドリンクサービスも利用できます。
一般英語コースのほかに、TOEIC,TOEFL、IELTS試験準備レッスン、ケンブリッジ検定受験準備コース、社会人向けやジュニアコースも準備されています。夏期はサーフィン、ダイビング、セイリング、乗馬、冬期はスキーなどの課外活動をおこなっています。課外活動で先生や他の学生と交流することで、効果的に英語スキルを向上させることが出来ます。

 

この学校では中級以上の英語力を持っている方の為にTOEICの授業を開講しています。

期間は1週から24週間まで受講する事が可能。費用は1週間で445ドルですが、申込期間が長ければその分割引を得る事でき、24週の申し込みですと1週あたりの授業料が430ドルになります。

ニュージーランド

しかも、現地で働くことが可能

ニュージーランドは教育の質が高い分、語学学校の費用が他の国に比べると多少高くなります。しかし、ニュージーランドは学生ビザであっても、働きながら語学学校に通うことが可能です。生活費を稼ぎながら学校に通うことができるので、現地で留学資金が足りなくなるとことはないでしょう。

また、現地で働くことによって、ニュージーランドの人々と学校以外で交流することができるので英語力の向上にもつながるでしょう。さらに勉強だけでなく、海外で働くということは必ず良い経験になるはずです。

 

いかがでしたか?せっかく留学するのだから、自分にあった国や学校を見つけてみてくださいね。

留学エージェントに資料請求

ニュージーランド留学 関連記事

TOEIC対策留学 関連記事

留学エージェントに資料請求

語学留学 関連記事

語学検定対策留学 関連記事

> ニュージーランド留学のおすすめ留学エージェント

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

関連記事

ページ上部へ戻る