バンクーバーへ長期留学したら、在留届と携帯購入を!

カナダ バンクーバー

長期で語学留学した場合に、行なったほうがよいのは在留届提出と携帯購入です。

私が留学していた時はちょうどスマートフォンが出る直前だったので、Wi-Fi環境はあまりよくなかったので携帯は購入が必須だったのです。

今はあまり現地で携帯を購入する必要がないのかもしれませんが、日本で使用していたスマートフォンを持ち歩いているとどうしても夢中になってしまうのでは?と老婆心ながら不安なので在留届と合わせてご紹介したいと思います!

在留届を出そう!

在留届とは、犯罪や自然災害など何かしらのトラブルに見舞われた際、登録した現地での住所や連絡先を元に日本にいる家族への連絡やパスポート・ビザの再発行に利用される行政管理システムの一種になります。

 

提出したからと言って住民税の徴収があるわけではないので、日本にいる大切な人たちのためにもしっかりと届けておいたほうがよいです。

 

届けを出してから約1か月以内に在留カードというのが登録した現地の住所に送られてきます。

このカードは、近くのスポーツセンターへ会員手続するときなどにも使える身分証明になるので、面倒がらずに登録しましょう!

 

当時はダウンタウンにある総領事館(http://www.vancouver.ca.emb-japan.go.jp/itprtop_en/index.html)でしか申請できませんでしたが、今はインターネット(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html)でも可能なようです。

パソコンで手続き

携帯を購入するなら・・・

バンクーバーで携帯を購入するのはとっても簡単です!

428 West Pender St. Vancouverにある「けーたい屋」(http://ketaiya.com/)というところが有名なのですが、行ったその日に契約することができました。

私は機種代(スマートフォンではない海外仕様の携帯)5,000円と月々3,500円程度でいつでもどこでも友達とメールしたり電話したり、問題なく過ごせました。

支払いは日本のクレジットカードで引き落とすこともできたので、現地の銀行口座を持っていなくても大丈夫でした!

 

ただ、解約するときは店舗ではできないのでコールセンターへの連絡が必要です。

契約の際にもらった解約マニュアルに沿って、つたない英語でやり取りしましたが無事解約することができたのでホッとしたことを覚えています。

海外での携帯電話

海外での手続き、経験しておくと「意外と自分って海外でも充分やっていけるのかも・・・?!」という自信にも繋がります。

長期で語学留学する際には、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

カナダ留学 関連記事

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

kurara

kurara

フランス・カナダ・スイスへの留学経験あり。今秋から再びヨーロッパへ留学!

関連記事

ページ上部へ戻る