語学留学でビジネス英語を学ぶ!留学費用は?

ビジネス英語 費用

就職活動前の学生やキャリアアップしたい社会人の方におすすめのビジネス英語留学。気になる費用やプログラム内容についてまとめました!

ビジネス英語コースで何が学べる?

ビジネス英語コースでは、英語力を伸ばすだけでなく、様々な国の人と仕事を円滑に進めるビジネススキルを身に付けることができます。初対面の人への挨拶の仕方や、プレゼンテーションの仕方、接客など、様々なビジネスシーンで使える知識やマナーを学べるのです。

ビジネス英語を学ぶメリット

ビジネス英語を学ぶ一番のメリットは、自信をもって海外の人と関われるコミュニケーション力が身に着くこと。日本語と同様に英語でも、公式な場では特別な表現やマナ―を使いこなす必要があります。日本と海外ではビジネスの常識や慣例が異なることも良くあること。間違った振る舞いで誤解を招いてしまうなんてことを防ぐためにもビジネス英語はとても大切なのです。こうしたビジネススキルは、独学では中々身につかないもの。語学学校のビジネス英語コースでは、教師や外国人と実践演習を積んで、実際の仕事にそのまま活かせる知識をマスターできるのです。

ビジネス英語が学べる学校

語学学校

一般的な、英語教育に特化した学校は私立の語学学校。ビジネス英語コースを開催している学校も多く、プログラムの期間や内容も様々です。就活生向けの外資企業対策コースや、働いている方や転職活動中の方のための専門分野に特化したコースも。規模の大きいところでは寮が学校についていることもありますが、ホームステイや近くのアパートに住むケースが多いです。

一方、大学やビジネススクール付属のビジネス英語コースもあります。MBAなどでのビジネスの勉強を志す学生も多く、内容もよりアカデミックな傾向にあります。大学寮に泊まれることや図書館やジムの施設を利用できることも多く、現地の学生のような生活を送れるのも魅力。

様々な学校を調べて、目的や雰囲気を比べて自分に合った学校を見つけてみて。

ビジネス英語留学の費用

国や地域、プログラムにより留学費用は大きく変わります。ビジネス英語留学先として代表的な国の語学学校をいくつか紹介します!

アメリカ

アメリカ ビジネス英語

ニューヨークの中心で本場のビジネスに触れる
【レナート ニューヨーク校】

マンハッタンにある1973年設立の歴史ある語学学校。1クラス最大12名という徹底した少人数制で、様々な国籍のクラスメイトに交じってみっちりビジネス英語を学べます。インターンシップやボランティアへの参加をサポートもあり。まさにビジネスの中心ニューヨークで、本場のビジネス英語に触れられるコースです

条件:Upper-Intermediate以上の英語力
費用:週20レッスン 1~6週間の場合、395ドル/週~
学校:レナート ニューヨーク校 Rennert New York
留学会社:ラララ・アメリカ
HP: https://www.lalala-usa.com/school/651

名門大学でビジネススキルを洗練する
【ペンシルバニア大学 ビジネスコミュニケーションコース】

フィラデルフィア州にありアイビーリーグの名門大学、ペンシルバニアが開催するビジネス英語コースです。実際の国際ビジネスを想定した実践演習に加え、人を惹きつける話し方や戦略的思考力、交渉術といった高度なビジネススキルも取り扱います。洗練されたコミュニケーション力が身に着く、質の高いコース。

条件:中級以上の英語力
費用:週20時間×4週間 2,652ドル(入学金、滞在費など除く)
学校:ペンシルバニア大学 ビジネスコミュニケーションコース
University of Pennsylvania  Institute for Business Communication (IBC)
留学会社:ApplyESL.com
HP:http://www.applyesl.com/school.asp?sid=0108300&tab=3&cid=4&lid=2#cid4

ハワイ

ハワイ ビジネス英語

現地の学生気分で会話力をアップ
【ハワイ大学マノア校付属集中英語コース NICE】

ハワイ大学マノア校は、ビーチやシティエリアから近いマノア渓谷の中にある、ハワイ最大の学校です。ビジネス英語コースNICEは、会話力の強化を重視した実践的なコース。大学の施設を利用できるので、現地の学生気分を味わえるのも魅力的。

費用:週20レッスン×50分
10週間の場合6,230ドル~(入学申請料、滞在費等含めた概算)
学校:ハワイ大学マノア校付属集中英語コース NICE
University of Hawaii at Manoa [NICE]
留学会社:留学ジャーナル
HP: http://www.ryugaku.co.jp/school_search/school.php?SC=USHI040

多文化環境で英語に浸る!ワイキキ中心部の人気校
【IIEハワイ】

ワイキキの真ん中にある立地抜群の語学学校。ハワイで唯一「国籍ミックスポリシー」を採用しており、同一国籍の生徒が50%を超えないようにしていたり、「English Only」ルールを徹底していたりと、英語環境にどっぷり浸ることができる環境。課外のアクティビティも多く企画されており、他の学生と仲良くなりながら楽しく学ぶことができます。

条件:Upper-Intermidiate以上の英語力
費用:ビジネス英語コース 週35レッスン×45分 4~7週間の場合、495ドル/週~
学校:IIEハワイ
留学会社:Fun Abroad
HP:  http://fun-abroad.com/language_school/iie-hawaii.html

オーストラリア

オーストラリア ビジネス英語

国際ビジネスをプロジェクトで体感
【シドニーイングリッシュランゲージセンター(SELC)】

1985 年設立のシドニーの老舗語学学校。ビジネス英語コースではプロジェクトワークが与えられ、多文化な学生と協力して実際に仕事をする体験ができます。教師陣はビジネスで活躍していた実力派ぞろい。ビジネス英語、というよりもビジネスそのものについて理解を深められるコースです。ワーキングホリデーのためのコースもあります。

条件:中級~上級以上の英語力(12週コースの場合)
費用:12週間の場合、4,350ドル~
学校:シドニーイングリッシュランゲージセンター(SELC)
留学会社:ラララ・アメリカ
HP: https://www.wavenetwork.com.au/businessenglishcoursesydney.html

徹底的な英語環境で「使う」力を身に付ける
【インパクト・イングリッシュ・カレッジ メルボルン校】

インパクト・イングリッシュ・カレッジの最大の特徴は徹底したEnglish Only Policy。英語を使わざるを得ない環境であるため、着実に実力アップできます。授業でも英語が「分かる」だけでなく「使える」ようになることを重視。ディスカッションやプレゼンテーションを行う機会が豊富に用意されています。セールス、ブランディング、経営、といった様々な専門トピックを扱うのも魅力。

条件:18歳以上
費用: 週15レッスン、4週間の場合 1,400オーストリアドル~
学校:インパクト・イングリッシュ・カレッジ メルボルン校
留学会社:地球の歩き方「成功する留学」
HP: http://www.studyabroad.co.jp/online/4/au2/222/204/

カナダ

カナダ ビジネス英語

添削や個人フィードバック付きの質の高い指導が人気
【Royal Canadian Institute International Studies (RCIIS)】

トロント中心部にあるアットホームな語学学校。コース受講後、現地での職業体験やボランティアができるコンビネーションコースが人気です。北米のビジネスマナーに加え、履歴書の添削や面接練習、時事問題をテーマにしたディスカッション演習などもあり、北米での就職や外資系企業を志す学生にもおすすめ。毎授業後には講師から15分程度の個人フィードバックがあります。

条件: 中級以上の英語力
費用: 週20時間×4週間 1,520ドル
学校:トロント留学センター
留学会社: Royal Canadian Institute International Studies (RCIIS)
HP:https://www.toronto-ryugaku.com/school/royal-canadian-institute-international-studies-rciis/

「発信力」を伸ばしながら専門知識も身に付ける
【バンウエスト・カレッジ バンクーバー校】

職業専門学校を併設する、専門知識を身に付けたい方におすすめの語学学校。ビジネス英語はBULATS(ケンブリッジビジネス英語検定)という世界で通用する試験に沿ったコースがあります。プレゼンテーションやディスカッションの時間を多く設け、「発信力」の向上を重視。受講後は、併設の専門学校で、接客やマーケティングなどの専門資格を取ったり、現地企業の有給インターンへの参加も可。最短一週間から受講可能です。

条件:16歳以上
費用:週20レッスン×4週の場合  1,280カナダドル
学校:バンウエスト・カレッジ  バンクーバー校
留学会社:地球の歩き方「成功する留学」
HP: http://www.studyabroad.co.jp/online/2/ca1/155/182/

ニュージーランド

ニュージーランド ビジネス英語

アットホームな少人数授業ときめ細かいサービスが評判
【ニュージーランド ランゲージ センターズ】

ニュージーランド ランゲージ センターズ ウェリントン校は小規模でアットホームな学校。生徒同士や教師との距離が近く、授業も少人数制で行われます。ビジネス英語コースでは、読む・書く・聞く・話す、の四分野を総合的に伸ばします。課外では就活生のためのワークショップも開催されます。

条件:中級以上の英語力
費用:5週間の場合 400ニュージーランドドル/週
学校:ニュージーランド ランゲージ センターズ
留学会社:Kiwi留学ネット
HP: http://www.kiwiryugaku.net/newzealand/wellington/nzlc.html

基礎英語力もビジネススキルもアップしたい方に
【Dominion English Schools】

オークランド都市部にある歴史ある語学学校。学校内に図書館やコンピュータールームがあるなど、施設がとても充実しています。午前中は英語の基礎、午後はビジネスに特化した演習を積むビジネス英語コースは、基礎的な英語力に自信がない方にもおすすめ。日本人のサポートスタッフがいるので初めての留学でも安心です。

費用: 週25時間(一般・ビジネス英語半分ずつ)×6週間の場合
合計3,360ニュージーランドドル(入学金、ホームステイ費など除く)
学校:Dominion English Schools
留学会社: 留学タイムズ
HP: http://www.ryugaku.net/06plan/sp_business.htm#nz

イギリス

イギリス ビジネス英語

年齢別の徹底した少人数制でしっかり学ぶ
【LSE ホランドパークガーデンズ校】

イギリス最古の語学学校の1つである、権威ある伝統校、LSE。ホランドパークガーデンズ校は市街地から公共交通機関で15分ほどの閑静なエリアにあります。高めの料金設定ですが、生徒それぞれのニーズをしっかり把握した細かなサービスや実力派の講師陣が評判。ビジネス英語クラスは最大8名。生徒の年齢により20-30歳と30歳以上でクラスは分かれており、同じように志の高いクラスメイトと落ち着いた環境で学べます。

条件:ビジネス英語は20歳以上、30歳以上の年齢制限あり
費用:30歳以上のビジネス&プロフェッショナルコース 週30時間
8週間以内の場合 週1125ポンド~(平日のランチ代含む)
学校:LSE ホランドパークガーデンズ校
The London School of English Holland Park Gardens
留学会社: イギリス留学センター
HP: https://www.eg-uk.com/the_london_school_of_english.htm

アジア人の比率が低い多文化な語学学校
【リバプール・スクール・オブ・イングリッシュ】

サッカーやビートルズで有名な、文化都市リバプールにある私立語学学校。ビジネス英語のコースでは、国際ビジネスを想定し、電話対応から統計処理に至るまで様々な場面で活かせる英語をマスターできます。ヨーロッパからの学生が多く、日本人・アジア人の比率が低いため、グローバルな環境を体感できるのも魅力。

条件:16歳以上、中級以上の英語力
費用: 週5.5時間のビジネス英語コースの場合 75ポンド/週~
学校:リバプール・スクール・オブ・イングリッシュ
The Liverpool School of English
留学会社:留学サイトドットコム
HP:https://www.ryugakusite.com/01_liverpool_school_of_english.html

フィリピン(セブ)

セブ(フィリピン) ビジネス英語

結果重視の丁寧な指導で着実にスキルアップ
【3D Universal】

思い出づくりよりも実力アップを重視し、一人一人に寄り添った丁寧な指導が評判。ビジネス英語コースでは、9つのテーマの中から3つ興味のある授業を選ぶことができ、さらに週4コマのマンツーマンレッスンが受けられます。コールセンターなどで英語を使う経験ができるインターンシップ付きコースも有。

費用: マンツーマン4レッスン・グループ3レッスン・オプショナル2レッスン(1レッスン50分)
一人部屋、1週間の場合 75,000円
学校:3D Universal
留学会社:フィリピン留学ドットコム
HP:https://philippine-r.com/3d/

優秀な講師のもとで実践演習を積める
【SMEAG】

セブ最大規模の有名校SMEAG。人厳しい教育プログラムをパスした実力派の講師陣が人気の理由です。授業では、ディベートやディスカッションを取り入れており、発言する機会が沢山あります。また、個人での効率的な学習法についての指導もあり、プログラム終了後も成長し続けられるコースです。

費用: 週約9時間のレッスン(マンツーマンレッスンを含む)
1週間の場合 102,600円(寮費(一人部屋)、食費、空港ピックアップ費を含む)
学校:SMEAG
留学会社:MTSC
HP:https://www.philippine-ryugaku.com/school/sme-classic/

以上、紹介した語学学校はほんの一部ですが、ビジネス英語コースにも国や学校によって様々なプログラムがあります。費用、時間、目的などに沿って自分にぴったりのプログラムを探してみて下さい!

語学留学 関連記事

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

MIA

MIA★イギリス、フランス留学経験者

イギリスのUniversity of Birminghamに留学しました、MIAです!
留学は高校生の頃からの憧れで夢。
国際政治経済学を中心にイギリス独自の学問を幅広く学びました。
バンドが大好きなので、ロックの本場イギリスのフェスにもたくさん行くことができて大満足です!

関連記事

ページ上部へ戻る