オーストラリア語学留学でビジネス英語を学ぶ!

語学留学でビジネス英語

Selamat Petang!こんにちは、Zukiel Skywalkerです!!

突然ですが皆さんは留学するとしたらどの様な目的を持って行きたいですか?「英語を話せるようになりたい」「海外生活を体験してみたい」などのベーシックな目的を持って留学する人もいれば、「海外の大学を卒業したい」「今の自分が海外でどれだけ通用するか試してみたい」と大きな目標を掲げる人もいるので、目標は百人十色と言えるでしょう。

今回の記事では「世界を相手取って仕事をするためのビジネス英語を身に付けたい!」という方には是非チェックしてほしい、オーストラリア語学留学の様々な情報を「ビジネス英語」にフォーカスを当ててご紹介していきたいと思います!!

オーストラリア留学の特徴

オーストラリアは移民が多く、様々な人種や文化に触れながら勉強できることが魅力的な国です。経済の中心であるシドニーやメルボルンのような都市には、様々な企業がオフィスを構えていますし、刺激を受けながらビジネス英語を学ぶにはうってつけの環境があるのも、オーストラリアを留学先に選ぶ大きな理由になり得ますよね!

ビジネスに特化した英語を学ぶことができる学校はもちろん、世界的に高い評価を受けるビジネス・スクールなるものも多く存在し、アメリカのビジネス・スクールと同じ高い教育レベルの元でより深いレベルのビジネスを学ぶことができます。ですので、ビジネス英語を身に付けたその先の目標として「オーストラリアのビジネス・スクールでMBAを取得する」なんてことも十分可能なのです!

また、オフの日には美しいビーチを求めクイーンズアイランドにあるハミルトン島に足を運んだり、大自然のパワーを存分に感じることができる世界遺産エアーズロックを訪れてみたり、世界で最も美しいと言われる道として名高いグレート・オーシャン・ロードをドライブしてみたり…、と豊かな自然と共に充実した休日を堪能できるのもオーストラリアならでは!

整った環境で、質の高い勉強と素晴らしい経験どちらもしたいという方にオーストラリアは最高の留学先となるでしょう!!

オーストラリア

オーストラリアでビジネス英語を学ぶなら、この都市

オーストラリアでビジネス英語を学びたいのなら、この国の商業や経済の中心部であるシドニーとメルボルンはまず外せないでしょう。

シドニーは、オーストラリア1人口が多いニューサウスウェルズ州に属する街の1つであり、活気的なビジネス街と豊かな自然が共存しています。

メルボルンはオーストラリア第2の都市であり、別名「ガーデン・シティ」と呼ばれる緑豊かな街である他、移民が多い街としても知られており、オーストラリアに居ながら様々な文化的背景を持つ人と繋がることができます。この2つの都市には様々な語学学校が軒を連ねており、「学校内と学校外の指定範囲では母国語一切使用禁止!」という厳しい規律を持つ学校があったり、「放課後はのんびりオーストラリアライフを楽しもう!」とオン・オフをキチッと分けている所があったりと学校ごとに特色が大きく別れています。ですので、留学中に「こんなはずじゃなかったのに…」とならない為にも自分のスタイルや目標に合った学校選びを心がける必要がありそうです。

そんな様々なスタイルがある中でも特に「ビーチに囲まれてのんびり勉強したいな」と考えているそこのあなたにオススメなのが、オーストラリア最大級の観光保養地として有名なゴールドコースト!この街の語学学校は都市部より比較的にのんびりとした校風の学校が多く、午前はしっかり勉強して、午後には気の合う仲間とビーチへ遊びにいく、なんて夢のようなリゾートライフを留学生活中に満喫することができます!オーストラリアの中でもゴールドコーストは過ごしやすい気候なので、環境的には申し分ない程恵まれています!!

語学留学でビジネス英語

オーストラリア留学で学べるビジネス英語のプログラム事例と費用

ここでは上でご紹介したシドニー、メルボルン、ゴールドコーストにある、ビジネス英語を学ぶ上でおススメの語学学校の特色や費用をご紹介します!

ILSC AUSTRALIA SYDNEY

「せっかくの留学。今は英語なんて話せないけど、この期にストイックに自分の語学スキルを伸ばしたい!」と考えている方にオススメの語学学校がこちら。

世界に9校あるILSCの1つである、ILSC AUSTRALIA SYDNEYです!大規模な語学学校なので信頼性はもちろん、日本人スタッフによる手厚いサポートがあるのが安心ですよね!そして、この学校では徹底してEnglish Only Policy [英語以外使用禁止]を生徒に課せており、嫌でも英語のみでの生活を強いられることになります(笑)

私がアメリカの大学で英語研修過程を受けていた時にも同じようなルールがありましたが、英語を身につける上でこのルールのもとで生活するのが最も近道であると、経験者として断言できます!ビジネス英語を学ぶプログラムでは、世界を舞台に仕事をする上で必要になるプレゼンテーション力やスピーキング力、そして書類制作に必要な語彙力やライティング力などを総合的に学習して強化することができます。

期間は1週間から52週間の中で選ぶことができ、授業料は1〜11週間の間であれば週$415、12〜52週間の間であれば$405となっています。他にも入学金で$230と別途教材費、滞在費などがかかります。

Impact English College Melbourne

「留学とは武者修行。とことん自分を追い込んで力をつけたい!」と意気込むそこのあなたにオススメの語学学校がこちら。

オーストラリア1厳しいEnglish Only Policyを誇るImpact English College Melbourneを選んでみてはいかがでしょうか!なんとこの学校、母国語を使ってしまったその日はまるまる1日停学処分にされてしまうという徹底ぶり。1クラスにつき平均12人、最高で15人編成の少人数制をとっており、厳しい環境の中できめ細かい指導を受けることができます。

どのコースでも、基本的にスピーキング力を重視しているので「外国人相手にビジネスする上で遜色ないスピーキング力を鍛えたい!」という人にはピッタリの学校ではないかと思います。

この学校のビジネス英語コースでは、入学条件としてある程度の英語力が指定されているので、英語がまるで出来ないという方は基礎的なレベルから始める必要がありそうです。期間は5〜50週間の中から選ぶことができ、週$370と入学金$200、そして別途教材費や滞在費がかかります。

Embassy English -(CES)Gold Coast

「せっかくオーストラリアに行くんだから、リゾートライフも満喫したい!」という人にオススメなのがこの語学学校。なんといっても最高なのは学校の立地!

世界的に有名なリゾート地であるサーファーズリゾートに位置しており、ゴールドコーストならではの過ごしやすい気候の元でゆったりと勉強できる学校になっています。もちろん学習面での設備もしっかりしており、少人数制や電子黒板を使って進度の効率化を図りつつ、学校独自の教材を使用し短期間で英語力を伸ばす授業には定評があるそうです。

また、姉妹校の総合専門学校であるMartin Collageへ進学することもでき、そこではマーケティングやアカウンティングをはじめとする様々なビジネス科目を学ぶことが出来ます!ビジネス英語を身に付けたその先で、更に深くビジネスについて学びたい人にはこの語学学校はピッタリなのではないでしょうか!

ここのビジネス英語コースは規定の英語力が無いと入学することはできないので、人によっては基礎的なクラスから始まることがあるでしょう。期間は1〜52週間の間で選ぶことができ、学費は1〜11週間で週$405、12〜23週間で週$390、24〜52週間で週$380となっています。別途入学金$230や滞在費がかかります。

まとめ

今回はオーストラリア語学留学のビジネス英語コースにフォーカスして様々な情報をご紹介しましたがいかかでしたか?

オーストラリアには、ビジネス英語を学ぶコースを展開する語学学校はまだまだ沢山あります!ですので、学校を選ぶ際は今一度自分の「留学する目的、目標」を確認して、自分に合った条件を持つ学校を探してみましょう!Jumpalagi! See you later!!

留学エージェントに資料請求

オーストラリア留学&語学留学 関連記事

留学エージェントに資料請求

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

Zukiel Skywalker

Zukiel Skywalker★マレーシアで正規留学経験

日本にある米国2年制大学を卒業後、マレーシアにある"INTI International College Penang"という大学に4ヵ月間の正規留学を経験。米国大学では英語を含む基礎教養を、そして留学中はオーストラリアの国立大学と提携しているマーケティング学部で勉強していました。諸々の留学準備や、現地での一人暮らしと自分以外日本人が居ない大学で経験した経験やハプニングなど、留学に興味がある読者の皆様に役立つ情報をお届けしたいと思います!!

関連記事

ページ上部へ戻る