恐怖!語学学校初日の帰りに迷ってしまった…!

語学学校の初日

海外を旅慣れていれば別ですが、暗くなった語学学校からの帰り道、迷うと怖いですよ。

留学で気になるのは学校の行き帰り。しっかり調べておかないと迷った時に困ったことになってしまいます。僕は学校の行き帰りをあいまいにしていて痛い目にあいました。今回は、学校の行き帰りに関する僕の失敗談をお話ししたいと思います。

 語学学校からの帰り道、目印は“赤レンガ”

語学学校帰りの目印

学校初登校。「どんなクラスかなー」とか「友達はできるかなー」とか、僕は朝からそんなことで頭がいっぱい。いよいよ出発となって、急に「あれ、学校の行き帰り大丈夫かなあ……。」という不安がおそってきました。家から学校までは40分程度。行きはホストファミリーが車で学校に送ってくれるのですが、帰りは自力で帰らなければいけませんでした。当然、明日からは行きも帰りも自分ひとり。行きの車の中でホストファミリーが帰り方の説明をしてくれます。

しかし!しゃべるのが早すぎてほとんど何を言っているのか分かりません。何回か聞き直して分かったことは、バスを使うことと帰りは赤いレンガの塀がある所で降りること。僕のホームステイ先はバス停から若干離れていたので、降りる場所を間違えると帰るのが難しくなってしまいます。

学校に着くとGoogle Mapの行き方検索をプリントアウトしたものを渡され、分からなくなったらこれを見ろと言われ、最初はみんな迷うからノープロブレムと言われました。迷っている時点でノープロブレムなわけがありません。案の定、僕は帰りに迷ってしまいました。

バスは問題なく乗れたのですが、問題は降りる場所でした。ホストファミリーは赤レンガの塀がある所と言っていたのですが、なんと帰りの道は進んでも進んでも赤レンガだらけ!学校に行く車の中では全く意識していませんでした。僕はバスの中でどこの赤レンガで降りれば良いのか分からず混乱状態に。結局、まったく違う場所で降りてしまいました…。

 語学学校初日、見知らぬ土地でさまよう

語学学校の帰り道

まったく知らない土地で道に迷うことほど恐ろしいことはありません。バスの時刻表を見てもよく分からない。そもそもこの先にあるのか、もう行き過ぎてしまったのかということすらわからないのです。怖い!パニック!なんとか帰りの赤レンガの雰囲気を思い出してみるのですが、なかなか思い出せません。

僕がホームステイしていた家の付近は田舎で、移動手段はバスか車が基本でした。つまり人がぜんぜん歩いていないので、人に聞くこともできません。Wi-Fiも飛んでいないのでGoogle Mapも使えず最悪の状況。Wi‐Fiなしでネットにつなぐことも考えましたが、高額請求が怖くて断念。

僕はバス停周辺を歩き回りました。全然人がいない……。どこかの家の人に尋ねようかとも思ったのですが、なんか怖い。とんだチキン野郎です。結局、バス停で待機。30~40分ほどしてバスが到着しました。運転手さんに聞こうと思ったら、降りてきたおじさんが何かを察して声をかけてきてくれました。僕はホストファミリーにもらったGoogle Mapをプリントアウトしたものを見せて、何度も帰り方を説明してもらいました。おかげで、なんとか家につくことが出来ました。おじさんありがとう!外はほとんど日が沈みかけていました。危なかった…。

家についてホストファミリーにそのことを話すと「やっぱりな!」みたいなかんじで大爆笑。「家に着けたから良かったものを!何がノープロブレムだよ!」とその時はホストファミリーに少し怒りを感じましたが、よくよく考えてみればそもそも事前にしっかりと行き方を調べていなかったのは僕のミスです。僕は大馬鹿野郎です。むしろ僕のためにわざわざ行き方を調べてくれたホストファミリーには感謝するべきでした。ごめんなさい。

 語学学校への道順は入念に調べよう

語学学校への行き方

もちろん学校の行き帰りは事前に調べてはいたのですが、たとえばバス停の周辺に何があるか、時刻表などは調べていませんでした。前日にホストファミリーにしっかり確認しておくべきでした。行きの車の中でも分かるまで聞いておくべきでした。全てにおいて調べが甘すぎました。なめていました。

ちなみに迷った時にありがたかったのはGoogle Mapをプリントアウトした紙があったこと。なぜかというと、これのおかげでおじさんにわざわざ説明をする手間が省けたからです。英語で説明するのは意外と難しいですから。それに田舎の方ではフリーWi-Fiがなくてネットに繋げなかったりします。ですから学校の行き帰りを調べたらそれをプリントアウトしたり、メモしたりしておくと迷った時に役立つと思います(よくよく考えたらメモすらとってなかったんですね、僕は……)。

また国によって交通機関の使い方にルールがあったりするので、それも一緒に調べておくと良いと思います。

 おわりに

海外の見知らぬ土地で迷ってしまうのは、恐怖以外のなにものでもありません。フリー のWi‐Fiスポットがあったり、ポケットWi‐Fiを持っていれば、GoogleMapなどで調べることができるので利用しましょう(ネットさえ繋がればだいたいのことは解決できると思います)。もちろんなくてもネットに繋ぐことはできますが、日本で海外用のネットサービスに加入してない場合、高額な請求をされることがありますので気を付けましょう。

何の情報もない中で冷静でいるのは難しいです。ですから事前にいかに準備しておくかが大きなポイントになってきます。迷わないように周辺地図やルートを検索しておくのはもちろん、迷った時にどうするかということも考えておきましょう。たとえば先ほど言ったようにマップを印刷しておいたり、ホストファミリーに連絡先を聞いておいたりして万全の準備をしておくべきです。

ちなみにこれは後で知ったのですが、というか調べとけよという感じですが、Googlemapはオフラインでも使えるようになっているらしいです。Googlemap以外にもオフラインで使える地図アプリはあるみたいなので、ぜひ活用してください。

語学留学&オーストラリア留学 関連記事

【オーストラリアに留学しよう】オーストラリアの語学留学

オーストラリア語学留学

語学だけじゃもったいない?語学留学+αのすすめ!

語学+α留学

語学学校の授業ってどんな感じ?僕が行ったCELTの場合

オーストラリアの語学学校

オーストラリア語学留学!どの都市がいい?留学費用は?

オーストラリア語学留学費用

留学エージェントに資料請求

賢く留学準備をするなら、こちらの記事も参考に!
「自分にピッタリの留学エージェントを探せ!」
> オーストラリア留学のおすすめ留学エージェント

留学voiceでは「語学留学体験談」を募集中!送ってくれた方全員にプレゼントも!

詳しくはこちら 「語学留学体験談 大募集」

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

くろ

くろオーストラリア留学経験者

春休みを利用して、5週間の短期語学留学してきました。行き先は、オーストラリアです。滞在費も安いので、田舎町にしました。田舎街への留学ありだと思ますよ!

関連記事

ページ上部へ戻る