オーストラリアの語学学校はこんな感じ

オーストラリアの語学学校

今回はオーストラリアの語学学校について紹介します。

語学学校のスケジュール

語学学校のスケジュールについて説明します。基本的にはほとんどの学校が週に20時間前後の授業を受けるプログラムを組んでいます。そして授業を受ける時間帯も朝から昼夕方から夜など、時間帯によって区別されており、学生は自分のスケジュールにあった時間帯の授業を受けることができます。

基本的には20時間前後のプログラムが一般的ですが、お金を多く払えば、週に30時間前後、逆にお金が少ない場合ですと、週に15時間前後のプログラムを受けることができます。

もちろん全ての語学学校がこのようなスケジュールというわけではありません。授業の時間数が違かったり、授業が朝からしか受けられないところもあります。

私の場合は、週20時間で、授業はお昼から夕方まで受けています。朝早く起きなくていいので、毎日9~10時くらいまで寝ることができ、夜からアルバイトに行くことができるので、こちらでの生活と両立をしながら授業を受けることができています。

自分の生活リズムにあったコースを選ぶと良いでしょう。

オーストラリアの語学学校の先生はノンネイティブが多い

先生は、みんながみんなネイティブというわけではありません。スペイン、イタリア、ブラジルなど、いろいろな国の先生がいます。もちろんネイテイィブのオーストラリア人の先生もいます。比率は7:3くらいでノンネイティブ先生の方が多いです。比率は、学校によって違うと思います。

ネイティブの先生でなくても、英語は母国語並みにとても上手なので、「特にネイティブの先生でないと嫌」、というような不満を持っている人はいません。

オーストラリアの語学学校

語学学校の授業形式

クラスは大体15人前後の留学生でうけるのですが、基本的にグループワークが多いです。3~4人の少人数のグループを作り、ディスカッションしたり、問題を解いたりします。

例えば、「成功とはどのようなことで失敗とはどのようなことか」自分の意見を述べるものから、「好きなスポーツはあるか?それはいまも続けているか」というような、日常会話のようなことまでグループで話し合います。

教科書の問題をグループで解くので、分からないところは意見を共有でき、そこから自分の理解につなげることができるので、一人で問題を解くよりも、英語の理解も早い気がします。

語学学校の授業は生徒が主体的でありながらも、先生がしっかりサポートしてくれます。

また、私の学校では月一回英語でスピーチをすることが課題になっています。自分がいたクラスでは先月に自分の好きな国を選び、その国の食文化と有名な料理のプレゼンテーションをパワーポーイントで作り、発表するということをやりました。人前で話す上に英語なので、緊張しますが、自分の英語のスピーキング向上や人前で話す練習になります。

留学生の国籍

オーストラリアの語学学校に通う留学生の出身国ですが、どこの学校も日本、ブラジル、コロンビア、韓国の4カ国で8割以上を占めています。残りの2割はタイ、中国、スペインといった国々です。なかでもブラジル人と日本人は圧倒的に多い気がします(笑)

私の通う語学学校も、どのクラスも3割は日本人です。ただオーストラリアの語学学校では、母国語を話してはいけないというルールを設けている学校が多くあります。日本人とも、他の国の留学生とも英語で話しますので、どっぷりと英語環境につかることができます。

クラスのレベル分け

英語のクラスは、私の学校では10段階あります。初級のクラスが4段階、中級のクラスが4段階、上級クラスが2段階というレベルで分かれています。

初級は主に単語、文法、日常会話を学びますが、中級以降になると自分の意見を述べたり、複雑な文法を学ぶため英語のレベルが高くなります。

進級は月末に行われる試験の結果によって決まります。ライティング、スピーキングのテストをしますが、8割以上それぞれできないと、上のクラスに進級できません。中には3~4ヶ月同じクラスにい続けているという人もいます。

多くの人がテストに備えてしっかり勉強しています。この制度のおかけでモチベーションを高く維持させられる環境にいるので、英語を継続的に勉強することができています。

オーストラリアの語学学校は本当に英語力をアップさせるような授業システム、進級制度をとっていると思います。語学学校によって雰囲気や制度は変わってきますので自分の目標や性格にあった、語学学校を選ぶことをおすすめします(笑)

留学エージェントにパンフレット取り寄せ

オーストラリア留学 関連記事

【オーストラリアに留学しよう】オーストラリアの語学留学

オーストラリア語学留学

語学だけじゃもったいない?語学留学+αのすすめ!

語学+α留学

語学学校の授業ってどんな感じ?僕が行ったCELTの場合

オーストラリアの語学学校

オーストラリア語学留学!どの都市がいい?留学費用は?

オーストラリア語学留学費用

留学エージェントに資料請求

賢く留学準備をするなら、こちらの記事も参考に!
「自分にピッタリの留学エージェントを探せ!」

留学voiceでは「語学留学体験談」を募集中!送ってくれた方全員にプレゼントも!

詳しくはこちら 「語学留学体験談 大募集」

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

関連記事

ページ上部へ戻る