オーストラリアの語学学校の1日、時間割がない!?

語学学校の1日

オーストラリアに語学留学しています。今回は、私の通っている語学学校の一日についてお話します。

一日どのように過ごすの?授業はどんな感じで進むの?など、最初は不安なことだらけでした。学校によって雰囲気は異なるかと思いますが、一般英語コースの一例として、少しでも様子を感じて貰えればと思います。

語学学校での1日

私の語学学校では、午前中のクラス(9時からスタート)と午後のクラス(午後4時からスタート)のクラスがあります。学校によって授業のスケジュールは異なりますので、希望に応じて語学学校を検討してください。

私は午前中スタートの授業を受けています。午後スタートのクラスは、午前中に仕事をしている人などが通っています。

月曜日から木曜日までは通常クラス、金曜日は選択クラスがあります。映画を見て内容について話したり、カラオケに行くこともあります。

一日は、4つのセッションに分かれています。

  • 9:00~10:30 セッション1
  • 休憩(10分間)
  • 10:40~11:50 セッション2
  • ランチ休憩(40分間)
  • 12:30~13:30 セッション3
  • 休憩(10分間)
  • 13:40~15:00 セッション4

休み時間は、電話する人、おやつのフルーツを食べる人などがいて、それぞれの過ごし方をしています。多くの生徒jは携帯を見ています(笑)

15時以降にも、スピーキングを練習したい人向け、文法の質問をしたい人向けなど選択クラスがあるので、意欲があれば放課後も学習時間にあてることができます。

オーストラリアの図書館

授業の時間割がない??

私の通っている語学学校では、時間割がありません。リーディング、スピーキング、リスニング・・・と分かれていないんです。1日に4セッションということだけ決まっていて、その中で全てをバランスよくやっていきます。

テキストもそれを想定した内容になっていて、毎週ひとつの単元について学習していきます。

一方的な講義形式ではなく、先生の問いかけに答えながら進んでいきます。たとえば、「現在完了形」の週だとしたら、先生が文法的な説明をした後、ペアや数人のチームになって、習ったばかりの文法や表現を使ってスピーキングの練習をします。

テキストの問題を解いた後には、クラスメイトと答えあわせをします。その時には「どうしてそれが答えだと思うのか」という理由も付け加えます。

ゲームやアクティビティーを通して、学習していきます。近くにある美術館に出かけたり、映像を見ることもあります。語学学校のテキスト

課題について

先生にもよりますが、宿題は毎日ありました。内容はスピーキング、ライティング、テキストの問題を解くなど様々でした。

課題はやってもやらなくてもOKでしたが、先生は喜んで質問に答えてくれるので、どうせなら積極的にやったほうが良いと思います。

図書館の様子

図書館の様子

授業では南米やヨーロッパ出身の学生がぺらぺらと話すので、最初はかなり身構えてしまいましたが、慣れていけば大丈夫です。私は2ヶ月の学校生活で、間違えることを恐れずに、どんどん発言することが大事だと学びました。

ぜひ、みなさんも語学留学にチャレンジしてみてください!

 

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

Eri

Eri★オーストラリアでワーホリ中

会社を辞めて、オーストラリアのメルボルンでワーキングホリデー中です。ホームステイ、語学学校、シェアハウス探しなど現地の情報をお届けします。

関連記事

ページ上部へ戻る