小中高生にオススメのサマースクール、アメリカ編

「いつかは、アメリカに留学してみたいな・・・」と憧れがある小学生、中学生、高校生の皆さん!

または、小中高生のお子さんを持つご両親の方!

ぜひ、アメリカのサマースクールを検討してみてください♪

アメリカのサマースクールには、英語力アップが期待できることはもちろん、たくさんの魅力がありますよ!

アメリカのサマースクール

アメリカのサマースクールがオススメの理由

比較的馴染みやすいアメリカ英語に触れられる

「留学するなら英語圏に行きたい!」と考える人は多いでしょう。

しかし英語圏と言っても、アメリカやイギリス、オーストラリア、シンガポールなど、いろいろな国があります。日本人からすれば似たような「英語」に思えますが、発音や語彙、スペルなどが異なっています。

日本の教育では、アメリカの英語が使われていることが多いです。そのため、アメリカ英語には親近感があり、他の英語よりも学びやすいと考えられます。

 

最先端の文化に触れられる

アメリカは、もちろん世界の経済の中心ですが、それだけではありません。

映画やファッションなど、最先端の文化を発信しています。

観光を通して、日本には無いような新しい文化に触れることができるのも、刺激的で良いですね!

 

将来アメリカ留学や出張をする準備になる

アメリカは、留学・出張先としてとてもメジャーな国です。

英語圏であり、経済の中心であることはもちろん、学問や技術も最先端です。

留学をしたいと考えている皆さんなら、きっといつかアメリカに縁があることでしょう。

サマースクールを通して、早くからアメリカでの暮らしに親しんでおくことをおすすめします!

アメリカの国旗

アメリカの基本情報

アメリカは、国土がとても広大です。面積で言うと、日本の約25倍です!

そのため、同じアメリカでも、地域によって様々です。

この記事では、大まかな違いについて説明します。

 

アメリカの地理

アメリカ合衆国の本土は、北アメリカ大陸にあります。北はカナダ、南はメキシコと国境を接しています。

日本からの旅行・留学先としては、ニューヨークのある東海岸、カリフォルニアのある西海岸、そして太平洋に浮かぶハワイが人気です。

 

アメリカの気候

アメリカは、地域によって気候が異なるので、注意が必要です。

夏に限ると、西海岸(カリフォルニアなど)では比較的過ごしやすいですが、東海岸(ニューヨークなど)では30℃を超える蒸し暑い日が続くこともあります。

いずれにせよ、夜は気温が下がるので、長袖のカーディガンやパーカーなどを持って行ってくださいね!

 

アメリカの社会

国民が主に使用している言語は英語です。英語の次に話者が多いのはスペイン語で、約10%です。

宗教は、キリスト教のプロテスタントが約47%、カトリックが約21%です。

物価については、日本とそれほど変わらないと感じる人も居ますが、やはり都市部では高めです。特にニューヨークやサンフランシスコなどでは物価が高くなっています。

 

サマースクールの費用

物価も高いアメリカは少し費用がお高めですが、その分、充実した留学ライフを楽しむことができるでしょう!

以下は2週間あたりの値段です。学校へ支払う入学金や学費、寮での生活費・食費は含まれていますが、航空券代やお土産代など個人的な費用は更にかかるので注意してください。

アメリカ:約28万円(約2500ドル)

イギリス:約20万円(約1400ポンド)

マルタ:約16万円(約1200ユーロ)

 

アメリカ サマースクールでおすすめの留学エージェント

※2017年10月時点のプログラム内容です。

イージーランゲージ

ハーバード大学

HP:http://easylanguages-japan.com/ryugaku/nos-sejours/vacances-pour-jeunes-812-1315-1620-ans/anglais/etats-unis_c86
オススメポイント:
英語レッスンはもちろん、ハーバード大学への訪問や、美術館・水族館などの観光も含まれています。

プログラム事例:
プログラム名 ボストンのサマーキャンプ
学校名
年齢 13歳~18歳
期間 2週間~
費用 332,835円~
滞在方法 ホームステイ
コース内容 週20レッスン。1レッスンは45分です。クラスは最大でも15人の少人数制です。

 

留学コンシェルジュbeo

アメリカ ハリウッド

HP:http://www.beo.co.jp/summer/junior/program.html#fls
オススメポイント:憧れの大学のキャンパス内で学べるプログラムです。

プログラム事例:

プログラム名 FLSインターナショナル
学校名 FLSインターナショナル
年齢 12歳~14歳
期間 3週間
費用 500,025円~
滞在方法 カリフォルニア州立大学内の学生寮
コース内容 週に18レッスンの授業があります。課外活動では、ハリウッド、ディズニーランド、ユニバーサルスタジオへの観光も用意されています。

 

ネクシスジャパン

アメリカ マイアミ

HP:http://www.nexsis.jp/rennert_maiami2017summer/
オススメポイント:マイアミのビーチまで約10分という好立地で、英語レッスンだけでなく、観光も楽しめます!

プログラム事例:

プログラム名 サマー・プラス
学校名 レナート マイアミ
年齢 13歳~17歳
期間 2週間~
費用 502,600円~
滞在方法 ホテル(1~2人部屋。平日3食。週末はブランチと夜の2食)
コース内容 週に10レッスンの英語の授業と、Plus!というファッション、アート&デザイン、アメリカン・スポーツ、リーダーシップ、海洋環境の授業が週に10レッスンあります。週4回の半日観光、週1回の終日観光も用意されています!

留学エージェント(プログラム)の選び方

やはりアメリカは日本人にとって憧れの留学先なので、エージェント(プログラム)もたくさんあります。

どれを選んだらよいのか、迷ってしまいますよね。

費用、サポート内容、レッスンの質、課外活動の内容など・・・

何を優先してプログラムを選ぶかを考えると、選びやすいと思います!

 

きっと、アメリカのサマースクールのイメージが持てたことでしょう。

興味を持った方は是非、資料請求をしてみてください!

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

haru

haruインドネシア留学経験者

インドネシアに留学していました!友達がたくさんできて、楽しかったです:)現在は、留学に関するライターをしています。

関連記事

ページ上部へ戻る