専門学校が充実!ニュージーランドでホテルマネジメント留学してみよう

ホテル経営

広大な自然や映画の舞台になることが多いニュージーランドは観光客が沢山訪れます。

今回はニュージーランドのホテルマネジメント留学についてご紹介します!

ホテルマネジメント留学とは?

国内でホテル勤務経験を積んだ後は、海外留学にチャレンジ!海外で通用する知識や資格を取得して、キャリアアップに繋げましょう。

ニュージーランドは、穏やかな国民性や治安の良さから、留学生にとって過ごしやすい環境と言われています。特にオークランドには移民が多いため、留学生が浮きにくいのも特徴です。

また、永住権が取りやすい国としても知られており、専門知識や技術を身に付けた後にそのまま海外で仕事する…なんてことも夢ではありません。

観光産業が発展しているニュージーランドは、オークランドを中心にホスピタリティ・ツーリズムを扱う専門学校が充実しています。政府機関NZQAによりカテゴリー1(最良)に分類されている学校もあり、世界から留学生が集います。

専門学校では、修了すると短大や大学と同等の修了証を得られるコースも有ります。就職の際のアピールにもできるため、長期プログラムでの取得もおすすめです。

ホテル経営

ホテルマネジメント留学プログラム

Wellington Institute of Technology

  • 都市:ウェリントン
  • 目安の費用:1年:1,360,000円~
  • 入学条件:IELTS 6.0/大学既卒
  • 特徴:1904年設立の老舗専門学校です。留学生が7%と少なく、ローカル生が多く在籍しています。ビジネス、IT、ツーリズム、ホスピタリティなど社会で即戦力となる分野を扱っており、コース数は150に上ります。ホスピタリティマネジメントコースは、大学で学士を取得した人向けとなっています。

Auckland Institute of Studies New Zealand

  • 都市:オークランド
  • 目安の費用:1年:1,351,500円~
  • 入学条件:IELTS 5.5(各5.0以上)/TOEFL iBT 46(writing 14)
  • 特徴:政府機関NZQAによりカテゴリー1(最良)に分類された学校です。ホスピタリティ経営学の他に一般英語やITまで取り扱っています。コースを修了すると、修了証が発行されます。学生寮やジム、カフェテリアなどキャンパス内に様々な施設が充実しているため、放課後の息抜きもできます。

Aspire2 International

  • 都市:オークランド、クライストチャーチ、タウランガ
  • 目安の費用:1年:1,175,800円~
  • 入学条件:IELTS 5.5(各5.0以上)
  • 特徴:4つのキャンパスを持つ大規模な私立専門学校です。少人数制を取っているため、講師に質問しやすい環境が整っています。日本人スタッフが常勤している点も安心。政府機関NZQAにより最良の評価を受けていますが、授業料が比較的低く設定されているのもポイントです。

New Zealand Management Academies

  • 都市:オークランド
  • 目安の費用:9ヶ月:1,805,500円~
  • 入学条件:IELTS 5.5(各5.0以上)
  • 特徴:オークランドに位置する私立専門学校。優れた専門学校として賞を受賞している他、政府機関NZQAにも最良の学校認定を受けています。ホスピタリティ業界での経営基礎やサービス向上のための知識を身に付けられます。学校主催の合同就職説明会もあり、就職サポートも行っています。

Crown Institute of Studies

  • 都市:オークランド
  • 目安の費用:9ヶ月:1,058,700円~
  • 入学条件:IELTS 5.0/TOEIC iBT 61
  • 特徴:繁華街から少し離れた場所に位置するビジネス専門学校です。英語のメールのマナーから宿泊施設や設備についての知識など基礎から学ぶことができます。日本人率が多めで、日本人カウンセラーも常駐しています。併設されている語学学校と並行して通うこともできるため、英語に自信の無い方にもおすすめです。

ホテル経営

いかがでしたか?ニュージーランドのような穏やかな気候、国民性、治安であれば、長期留学も落ち着いて過ごすことができます。

ぜひニュージーランドでホテルマネジメント留学にチャレンジしてみてください。

興味を持った方は、下のバナーから資料請求をどうぞ!

留学エージェントに資料請求

ホテルマネジメント留学&キャリアアップ留学 関連記事

留学エージェントに資料請求

ニュージーランド留学 関連記事

> ニュージーランド留学のおすすめ留学エージェント

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

masa

関連記事

ページ上部へ戻る