海外でホテル経営を学ぶ!?ホテルマネジメント留学のメリットは?行き先は?

ホテル経営 将来的に海外のホテルで働きたい!と思う方におすすめのホテルマネジメント留学。

今回はホテルマネジメント留学についてご紹介します!

ホテルマネジメント留学とは?

自分自身の更なるキャリアアップのために、ホテル経営の知識をしっかり身に付けたい…という方には海外留学がうってつけ。

日本ではホテル経営について学ぶことができる学校は少ないため、海外留学を視野に入れることで学校の選択肢が広がります。

留学先を探すなら、観光産業に力を入れている国がおすすめ。毎年大勢の観光客が訪れる国はホスピタリティの研究が進んでおり、ホテル経営が学べる専門学校や大学が数多くあります。

ホテルマネジメント留学では、資格や学位、修了証取得を目的とした1年以上の長期プログラムが多くあります。インターンシップがセットになったプログラムもあり、海外の現場を経験することも可能。実践でこそ得られる知識やスキルを、現場を通して身に付けることができます。

ホテル経営

ホテルマネジメント留学におすすめの国

アメリカ

外国人訪問者が世界第3位ということもあり、観光大国の一つでもあります。世界でもトップクラスと言われている大学やホテル経営専門学校が揃っています。短期から長期まで期間も様々なため、目的や予算に応じてプログラムを選択できます。インターンシップ付きのプログラムも豊富で、一流ホテルで勤務体験ができることも。

>アメリカのホテルマネジメント留学について詳しく見る

カナダ

移民が多く、留学生も世界各国から集う国です。バンクーバーにはホテル経営を学べる学校が集中しています。Co-op期間と呼ばれる、インターンシップとは違い有給で就労体験ができるプログラムがあるのも特徴。就職サポートもしっかりしている学校が多く、一流ホテルに就職した日本人卒業生もいます。

>カナダのホテルマネジメント留学について詳しく見る

オーストラリア

自然豊かで観光にもぴったりな国。政府が観光産業に取り組んでいるため、質の高いホテル専門学校が充実しています。スイス式ホテル専門学校から職業訓練学校まで様々あり、実習やインターンシップを取り入れたプログラムが多くあります。ローカル生が多い学校もあり、語学力を高めることもできます。

>オーストラリアのホテルマネジメント留学について詳しく見る

ニュージーランド

留学生が過ごしやすい環境が整っており、長期間過ごすのに向いています。広大な自然と英語の舞台にもなりやすいことから観光産業も発展しています。ホスピタリティに強く、政府機関から最良認定を受けた専門学校もあります。日本人スタッフがサポートしてくれる学校もあるため、語学に不安のある方も安心。

>ニュージーランドのホテルマネジメント留学について詳しく見る

イギリス

イギリスは世界に名だたる観光スポットが各地にあり、観光客数ランキングは常に上位の国。英語を3ヶ月学んでインターンシップを5か月行うような実践に特化したプログラムも用意されています。相手に丁寧な印象を与えるイギリス英語が学べる点も特徴です。

>イギリスのホテルマネジメント留学について詳しく見る

ホテル経営

ホテルマネジメント留学の魅力

資格が取得できる

プログラムによっては、技能が身に付いたという証である修了証や、世界最大ホテル機関であるAH&LAの資格を取得できます。大学既卒なら学士明確な目標を掲げて、形ある成果を持って帰る事ができれば、就職にも有効に働くでしょう。

語学力が向上する

英語圏の留学先であれば、英語を使う機会も格段に増えます。世界で最も話されている言語である英語を学ぶことは、将来海外で働くとなった場合にも役立ちます。日本人の少ない学校を選び、英語を話さざるを得ない状況にすることで、語学力の向上が期待できます。

海外のホスピタリティを学べる

アメリカやオーストラリアのような政府が観光産業に力を入れている国では、日々ホスピタリティ研究が進んでいます。専門分野に特化した学校では、日本とは違う経営観や知識を学ぶことができます。今までとは違った、新しい視点を持つことができるのもメリットです。

まとめ

ホテル経営

ホテルマネジメント留学は長期プログラムである分、得られる知識や経験も増えます。今後のキャリアアップに活かせるように、海外留学で語学力や経営知識を身に付けましょう!

ホテルマネジメント留学をするなら、様々な留学エージェントを比較して最も自分に合ったプログラムを探すのが一番。

留学voiceでは、一括で留学エージェントの資料請求ができます。ホテルマネジメント留学に挑戦してみたい!という方は、ぜひ下のバナーから資料請求をしてみてください。

留学エージェントに資料請求
キャリアアップ留学 関連記事

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

masa

関連記事

ページ上部へ戻る