憧れのフランスへジュエリー制作留学してみよう!

ジュエリー留学

フランスは語学留学やワーキングホリデーの渡航先として非常に人気で、バレエ団への留学やアート系の留学も盛んではありますが、フランスでもジュエリー制作留学ができちゃうんです!

フランスへ留学したら国家資格取得のチャンス?!

フランスでは職業によってCAPという国家資格を取得する必要があります。

ジュエリーについては実技試験以外にフランス語、英語、ジュエリーの歴史、数学・化学、一般教養についての口頭試験や筆記試験もあります。

卒業証明書を出してくれない学校もあるので、CAPを取っておかないと「学校に通ってただけでしょ?」的な扱いをされてしまう可能性が?!

この資格さえあればフランスでの就職も夢ではなく、受験料も1000円以下なのでせっかくなら受けた方がよいと思います。

フランス語が話せないと留学できないの?

上記で紹介したCAPは確かにある程度フランス語能力がないと難しいのですが、長期留学を考えているのであればしばらくは語学学校に通いながら、中級以上になったらCAPを目指しジュエリー制作学校へ転校する、という道もあるのではないかと思います。

学校の公式HPはフランス語でギョッとするかもしれないですが、日本人の留学生を受け入れてきた実績あるようなので、ここは勇気を振り絞って問い合わせてみましょう!

フランス

フランスで人気のジュエリー制作学校!

BJO Formation(ベージーオー フォーマション)

この学校は1972年に設立されたパリの中心地にある宝飾専門学校で、ヨーロッパ1ともいわれています。週1回のクラスのみ開講されているので、他の学校や仕事をしている合間に人とは違うスキルを身に着けられますし、週に3クラス以上取ると基本的な知識をしっかりと吸収することができるようです。コースは3か月ごとの学期制です(夏休みあり)。

また、フランスで働くためには欠かせないCAPという国家資格の準備ができるコースも設定されています。ただ、9か月の留学期間ながら授業料だけで200万円以上かかります。

AFEDAP

こちらの学校は、1000時間以上の学習時間を超えるジュエリー加工職人コース、ジュエリーデザイナーコース、ジュエリーアーティストコースがあり、ジュエリー業界への就職を一から目指すには適した学校です。こちらのCAP準備コースが設定されていて、インターンシップが必須となっています。

フランス

いかがでしょうか?今まで紹介してきたアメリカやイタリアと違い、なかなかハードルが高いような気も・・・?英語も日本語も通じない、それでもちゃんと勉強していく!という心持ちの方にはぜひお勧めしたい留学先です♪

留学エージェントに資料請求

ジュエリー制作留学&専門留学・キャリアアップ留学 関連記事

留学エージェントに資料請求

フランス留学 関連記事

> フランス留学のおすすめ留学エージェント

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

kurara

kurara

フランス・カナダ・スイスへの留学経験あり。今秋から再びヨーロッパへ留学!

関連記事

ページ上部へ戻る