フランスのビジネススクール留学中の、とある1日 ~起床から就寝まで

フランス パリで留学フランスのビジネススクールHEC経営大学院に留学しているMIAです!

HEC経営大学院は、フランスのグランゼコールの1つ。1学期間だけ、ファイナンスや企業戦略の授業を英語で学んでいます。学校はパリから電車で一時間ほど離れており、森で囲まれた片田舎にあります。

住んでいる寮もジムやレストランもキャンパス内にあり、スーパーマーケットもキャンパスの目の前にあるため、日常生活はほぼキャンパスの中だけで完結します。

そんなグランゼコールに留学中のある1日のスケジュールを紹介します!

フランスのビジネススクールHEC経営大学院に留学中の1日

9:00 起床

ルームメイトがまだ寝ているので静かに朝食。サラダと、フランスパンにブルーチーズを塗ったシンプルなフレンス流ブレックファースト。

ロシア人のルームメイトは夜型人間なので朝食は基本的にバラバラ。キッチンまで行くには彼女の部屋を通らなければいけないので、なるべく音を立てないように気をつけています。

留学初日に初めて会って一緒に生活し始めたのですが、今では一緒に夜ご飯を食べたり旅行をしたりと私の留学生活に欠かせない大切な友人です。大半の時間を一緒に過ごす一方で、お互いのプライベートも尊重しており、良い距離感で関係が築けています。

フレンチ風ブレックファースト

フレンチ風ブレックファースト

10:00 キャンパス内にあるジムで運動

寮も学校もすぐ近くにあるので日本に比べて運動不足になりがち…!&洋食中心の生活で少し体が重くなってきた!!という焦りから意識的に体を動かすようにしています。

12:00 昼食兼ミーティング

翌週に控えるプレゼンテーションのため、チームメンバーとミーティング。

メンバーもみんな一学期間の留学生なので、国籍もイギリス、スペイン、アルゼンチンなど様々。言葉の壁に加えて、プレゼンやチームワークの進め方に違いがあり、議論になることも。その分やり遂げた時の達成感もひとしおです。この日はそれぞれ作ってきたスライドを比較し意見交換しました。

13:00〜16:00 ストラテジーの授業

授業風景

授業風景

講義に出席。事前課題のリーディングを元に一企業の戦略について分析します。

隣の人とディスカッションする時間が何度かあるため、聞き逃さないように集中。フランス人はフランス語の授業を取るため、学生は留学生が中心。成績を母国の大学に提出しなくて良い人も多く、授業へのモチベーションも様々。誰の隣に座るかで授業の充実度が変わることもあります。

途中休憩では眠気覚ましにカフェでコーヒー補給。

学校内のカフェ(休憩時間)

学校内のカフェ(休憩時間)

17:00 ルームメイトとスーパーへ買い出し&料理

この日はお互いの国の料理を作って友達を招待し、ディナーパーティー!

そのための買い出しを学校の目の前にあるスーパーへ。巻き寿司をフランスで手に入る材料で作るには…?と考えながらアボカドやサーモン、キュウリを購入。生魚を何種類か買いたかったけれど、魚の値段は高い(鮭1切れ500円など)し、生食用に売られているものは少ないため衛生上も心配。なのでスモークサーモンやツナ缶で代用。

19:00 友達を部屋に招待してディナーパーティー!

友達は留学生用のイベントや授業、また日本に興味のある学生のつながりなどを通して出会います。友達の友達同士を紹介して新たにつながっていくことも多く、直接知り合いではない人と一緒にパーティーするのも当たり前。この日も、私とルームメイトそれぞれの友達を招待してさらに友達の輪が広がりました。

ディナーパーティ

23:00 眠い目をこすりながら次の日の授業のためのリーディング

多くの授業では事前にトピックに関するリーディング読んでくることが前提とされており、これをさぼると講義の内容についていけなくなるので、必ず読むようにしています。

この日はウォルトディズニーの企業戦略についての記事。面白いので読んでいても苦になりません。専門用語も多く出てくるため、分からない単語はチェックし授業に備えます。

24:00 就寝

バーが寮からそう遠くない場所にあり、酔っ払った学生の話し声やパーティーの音楽がうるさくてなかなか寝付けないことも。

 

学校のキャンパス エントランス

学校のキャンパス エントランス

留学生活のイメージが湧いたでしょうか。

学校の場所や寮、留学の内容によって普段の生活も様々です。私の場合、週末は弾丸で旅行に行ったり、パリをぶらぶらしたり、平日は学校内での勉強や交流が中心です。大きな都市が近くにないので放課後ふらっとレストランや買い物に出かけられないことは少し残念ですが、その分キャンパス内で濃密な時間を過ごせています。

留学先を選ぶ際の参考にしてみてください!

留学エージェントに資料請求

フランス留学 関連記事

専門留学・キャリアアップ留学 関連記事

> フランス留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

MIA

MIA★イギリス、フランス留学経験者

イギリスのUniversity of Birminghamに留学しました、MIAです!
留学は高校生の頃からの憧れで夢。
国際政治経済学を中心にイギリス独自の学問を幅広く学びました。
バンドが大好きなので、ロックの本場イギリスのフェスにもたくさん行くことができて大満足です!

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ