オーストラリアでTAFE留学をしてみよう

勉強

イツキです。今回の記事ではオーストラリアで留学の選択肢の一つにもなるTAFEという学校のことについて紹介していきたいと思います。

TAFEとは?

そもそも日本では、聞き慣れないTAFEですが、TAFEとは、Technical and Further Educationの頭文字からきている略称で、公立の専門学校を示します。

TAFEは、オーストラリアの6つの州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クィーンズランド州、南オーストラリア州、西オーストラリア州、タスマニア州)と2つの準州(オーストラリア首都特別地域、ノーザンテリトリー)が、それぞれ主体となり、資金調達から運営まで行なっている教育機関です。

オーストラリア全土にあるTAFEですが、理論や概念などの学術的なことを学ぶ大学とは異なり、TAFEでは、より実践的なスキルや知識を学ぶことができ、即戦力を身に付けることができます。講師には、各分野で今現在、活躍されている方を招き、業界でのタイムリーな知識やスキルを学べます。

ちなみに、オーストラリア国内で、TAFE最大のキャンパス数を誇るのは、ニューサウスウェールズ州(シドニーが属する州)で、学生に1,200以上のコースを提供しています。

そのため日本人のかたで、英語を学びたい、なおかつ専門的な事も学びたいという理由からTAFEに通う人も少なくないです。

オーストラリア

TAFEの特徴について

TAFEの特徴として、完備した学習施設や、幅広いコース数はもちろん、学生の年齢層やバックグラウンドの多様性も大きな特徴といえます。

年齢層に関しては、高校を卒業したばかりの10代の学生から、仕事を退職した60代の方まで、様々です。

また、TAFEに在籍する学生の90%以上はオーストラリア人ですが、多民族国家であるがゆえ、様々な文化持ったクラスメイト達と授業を受けることになります。留学生では、ヨーロッパからの人達が多いそうです。

またTAFEを卒業すると、オーストラリアの大学へ編入することが可能な場合が多いです。

なので、卒業後もより学びたい、オーストラリアの大学に行きたいが、なるべく費用を抑えたいという方にはTAFEが向いているかもしれません。

勉強

TAFE留学に必要な英語力

TAFEでは専門的な事を英語で学ばなければならないため、TAFE留学の時点でかなりの英語力が求められます。多くのTAFEでは留学生に対し、指標を設けています。IELTS(アイエルツ)のアカデミックで5.5以上を求められます。また、医学、翻訳・通訳などの専門性の高いコースは、6.0~7.0を求められる場合もあります。

入学時点で英語力が足りない場合、独学してIELTSのスコアをとる、TAFEと提携している私立の語学学校を修了する、TAFEの付属語学学校を修了するなどして、入学の条件を満たす必要があります。

TAFE留学の費用

TAFE NSWという学校を例に挙げますが、

・学費: $12900
・教材費:$300

・学生ビザ申請料: $550
・学生健康保険 (OSHC、1年分): $600

となり、合計で$20750(日本円で約166万円)です。
この他に航空券、生活費も必要です。全ての費用を考えると年間で300万円前後と考えてみてもよいでしょう。やはり、日本の専門学校に比べるととても費用はかかりますが、オーストラリアでは学生であれば週20時間までアルバイトをすることができます。時給は高いので、アルバイトをすれば多少の費用はここから賄えることができますよ。

どのようなコースがあるか?

上記の様に1200種類以上のコースが存在するわけですが、その中でも主要な物を挙げていくと、ビジネス関連(会計、マネージメント、マーケティング)からホスピタリティ&ツーリズム(観光学)、通訳・翻訳、英語教授法、アート&デザイン、チャイルドケア、 ビューティセラピー、ネイル、ヘアドレッシング、エンジニアリング、園芸・農業、福祉、動物関連など、職業に直結した実践的な知識・技術習得のコースから趣味レベルの短期コースまで実に多彩。オーストラリアならではの分野としては、マリン・ツーリズム、ワインメーキング、馬産業(競馬調教、馬上経営)、アボリジニ学などが挙げられます。

中でもチャイルドケアのコースは、オーストラリア政府がチャイルドケアの担い手として海外から人手を積極的に採用し始たため、オーストラリアの永住権を取得しやすい資格の1つが手に入るので留学生の間では人気のコースになっているそうです。

オーストラリア

語学留学、大学留学だけではない、オーストラリアでの専門学校留学。英語をより活かしたい、専門的な知識を得たいという方はTAFE留学してみてはいかかがでしょうか?

留学エージェントに資料請求

オーストラリア留学 関連記事

専門留学・キャリアアップ留学 関連記事

> オーストラリア留学のおすすめ留学エージェント

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

関連記事

ページ上部へ戻る