オーストラリアでキャリアアップ留学に挑戦!何ができるの?滞在方法や費用は?

オーストラリア留学

国内で経験を積んだら次のステップは留学!オーストラリアには豊富な留学プログラムが用意されてます。

今回はオーストラリアのキャリアアップ留学についてご紹介します!

オーストラリアって、どんなところ?

自然豊かな国、オーストラリア。温暖な気候かつ四方を海に囲まれており、マリンスポーツが盛んです。世界遺産などの観光スポットも多く、沢山の観光客が毎年訪れています。

そんな自然のイメージが先行しているオーストラリアですが、実はキャリアアップ留学先としても人気なんです!

ネイルアートやヘアメイクのようなファッション系からダンスやヨガなどスポーツ系、バリスタやグラフィックデザインまで、様々な分野が学べます。

特に、政府が観光産業や映画産業に力を入れていることから、ホスピタリティやヘアメイクに強い専門学校が各地にあります。

オーストラリアでできるキャリアアップ留学

ホテルマネジメント留学

政府が観光客増加の目標を打ち出しており、ホテルの需要が高まっています。そのためホテル経営者を育てるホスピタリティ専門学校やビジネス系専門学校が充実しています。有給インターンシップが含まれたプログラムなら、お給料を貰いながら海外のホテル経営の経験が積めます。

>オーストラリアのホテルマネジメント留学を詳しくみる

ネイルアート留学

オーストラリアではネイルサロンが街中に何軒もあり、隙間の時間に女性がネイルアートを楽しんでいます。そのためネイルスクールや美容専門学校が多数あります。実習中心のプログラムもあり、技術を高めたい方にはそちらがおすすめです。

>オーストラリアのネイルアート留学を詳しくみる

グラフィックデザイン留学

デザインと言えば欧米諸国を思い浮かべますが、オーストラリアでもアート文化は発展しています。専門学校ではグラフィックデザインやインテリアデザイン、ウェブデザインを扱っています。長期滞在を前提とした数ヶ月~1年のプログラムが多くあります。

>オーストラリアのグラフィックデザイン留学を詳しくみる

音楽留学

世界遺産のオペラハウスもあることから、演劇や音楽の文化が盛んです。クラシックに限らずジャズや民族音楽など、どのようなジャンルでもカバーできます。学士や修士取得プログラムがあるので、しっかり留学の成果を持ち帰ることができます。

>オーストラリアの音楽留学を詳しくみる

ヘアメイク留学

映画や舞台向けメイクを学べる美容専門学校があります。キャンパス内にヘアサロンを併設していたり、学内ショーを行っている学校であれば、実践的な技術を身に付けることができます。中にはサロン経営を学ぶプログラムもあり、将来的に役立つ知識を得られます。

>オーストラリアのへアメイク留学を詳しくみる

バリスタ留学

オーストラリアには至る所にカフェがあり、コーヒーの消費量はなんと日本の約8倍!語学学校にバリスタコースが用意されていることが多くあります。期間は4~6週間で、修了後にインターンシップを受けられるプログラムも。基礎知識はもちろん、ラテアートや接客英会話を学べます。

>オーストラリアのバリスタ留学を詳しくみる
バリスタ

ダンス留学

オーストラリアはダンス留学先として穴場。ストリートダンスやバレエを中心に学べます。日本人が留学生少ないことから、ローカル生や留学生との交流が必然的に増えます。語学力が上達したり、異文化に触れることができます。

>オーストラリアのダンス留学を詳しくみる

ヨガ留学

神聖な空気の漂うバイロンベイはヨガの聖地と呼ばれています。自然豊かな環境で伸び伸びとヨガが出来るため、バイロンベイにヨガスタジオが集中しています。インストラクター志望の方におすすめの、20日間でヨガ・インストラクターライセンスを取得するプログラムもあります。

>オーストラリアのヨガ留学を詳しくみる

アロマテラピー留学

リラックス効果はもちろん、海外では医療にも用いられるアロマテラピー。オーストラリアでは、短期間で気軽に学べるコースが多く、語学初心者でも参加することができます。気軽に学んでみたい方にも、本格的に資格を取りたい方にもあったコースが見つかりますよ。

> オーストラリアのアロマテラピー留学を詳しくみる

オーストラリアでの滞在方法は?

初めはホームステイを経験し、生活に慣れてきたらシェアに移行する流れがメジャーです。特にキャリアアップ留学プログラムでは長期滞在になることが多いため、費用を抑えるためにもシェアがおすすめです。

ホームステイ

オーストラリアのリアルな家庭を体験できます。異文化や家庭料理、ホストファミリーとの交流が楽しめます。英語で話す環境となるため、語学力の向上に繋がります。

シェアコモデーション

一人一部屋、キッチン・お風呂・トイレが共同というシェアスタイルです。シェアによってそれぞれ募集要項が違うため、インターネットで比較しながら滞在先を探します。日系サイトなら日本人在住者がいる物件を探すこともできます。

ユースホステル

ベッド以外は共同スペースという簡易宿泊ホテルで、一般のホテルより費用が抑えられます。都市部のユースホステルは、設備が綺麗で充実しています。数日~2週間の留学に丁度いい滞在方法です。

学生寮

大学、専門学校、語学学校が提供する寮です。通学に便利、同じ学校の友人を作れるというメリットがあります。一人部屋は少し割高になりますが、その分気兼ねなく生活できます。

オーストラリアでの生活費はどのくらい?

食費・交通費・興楽費・雑費をまとめると、1ヶ月平均して500ドル(約4万円)が目安。

家賃は、ホームステイ:1000ドル(約8万円)、シェア:600ドル(約5万円)、学生寮:800ドル(約6.5万円)程が加算されます。

自炊を中心にする、生活用品は日本から持参する、遊びを抑える等でかなり節約できます。時間があれば、生活費の足しにアルバイトをするのも良いでしょう。

まとめ

シェアハウス

ホテルマネジメント、バリスタ、グラフィックデザイン…様々な分野を学べるオーストラリア。留学で技術を磨き、キャリアアップのための1歩を踏み出してみませんか?

沢山の留学プログラムを比較することで、予算やスケジュールに合ったプログラムがきっと見つかります。留学に関心はあるけれど、自分で探すのが難しい…という方は、ぜひ資料請求をしてみてください!

留学エージェントに資料請求

オーストラリア留学 関連記事

留学エージェントに資料請求

専門留学・キャリアアップ留学 関連記事

> オーストラリア留学のおすすめ留学エージェント

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

masa

関連記事

ページ上部へ戻る