有名なオペラハウスのあるオーストラリアへ音楽&声楽留学してみよう♪

オーケストラ

皆さん一度は見たことがあるのではないでしょうか、オーストラリア、シドニーにあるオペラハウス。

世界的に有名な歌劇場・コンサートホールで、オペラ・オーストラリア、シドニー・シアター・カンパニー、シドニー交響楽団の本拠地になっています。

そんなオーストラリアへの音楽&声楽留学はどんなかんじなのか、ご紹介いたします。

オーストラリアの音楽&声楽留学先とは?

The Australian National University School of Music

首都キャンベラにあるオーストラリア国立大学音楽学部は、生徒と講師の距離が近いことが評判となり人気を博しています。

 

学士課程では、器楽演奏(ギター、パーカッション、ピアノ、ストリングスなど)、声楽(クラシック、ジャズ)、作曲、音響技術から専攻を選ぶことができます。3年間のプログラムが通常ですが、さらに学びを深めたい人のために1年プラスしたBMus優等学位やスペシャリスト・コースも併設しています。音楽を学術的かつ他分野から身に着けたいという人向けにBA学位コースもあります。

 

加えて、ダブルメジャーや、他学部の学位取得コースとのコンビネーションもできるうえ、キャンベラ大学とのパートナーシップにより、教育学も専攻可能です。

 

大学院課程では、人文・社会科学における音楽分野でのPhD、演奏と作曲でMPhil、演奏、音楽学、作曲でMMus学位を修めることができます。

 

出願方法や授業料に関しては、公式HP(http://music.cass.anu.edu.au/)よりお問い合わせください。

オーストラリア

The Sydney Conservatorium of Music

シドニー音楽院は、ヨーロッパの音楽院と同等レベルの音楽教育を目指して創立され、その質はオーストラリア一ともいわれています。

そのルーツもあってか、英国王立音楽院、英国王立音楽大学、王立ノーザン音楽大学、フライブルク音楽大学、上海音楽院など、海外の一流音楽大学と提携し、共同研究、交換留学制度、ワークショップなどを精力的に行なっていることでも知られています。

 

交換留学制度を使わずとも、こちらのキャンパスでは、オペラ、ジャズ、室内合奏などのコンサートやリサイタルを積極的に開催しているため、経験は存分に積むことができます。

 

学士課程では、作曲、音楽教育、音楽学、演奏(クラシック、ジャズ)などでB.Mus.学位、音楽研究でB.A.学位を取得でき、ダブルメジャーも可能です。

修士課程では、指揮、演奏、オペラ、クリエイティブ・サウンド・プロダクション、音楽教育でM.Mus.学位とディプロマの取得コースを提供しています。

 

例えば、修士課程のMaster of Music Studies (Opera Performance)では、2年間のあいだに世界で通用するプロのオペラ歌手やコンサート歌手になるようカリキュラムが組まれています。

年間授業料は、$29,500(約240万円 2018年10月現在)で出願条件は学士号を取っていることと英語力IELTS7.0が求められています。(https://sydney.edu.au/music/

オペラ

Australian Institute of Music

オーストラリアン・インスティチュート・オブ・ミュージックでは、個別レッスンだけでなくビジネス・マネジメント、マーケティングなどを学ぶことができます。コンサートホールやレコーディング施設なども充実しており、ニュー・サウス・ウエールズ州立美術館と提携し、無料のランチタイム・コンサートを実施していることでも知られています。

 

学士課程では、オーディオ・エンジニアリング、クラシック、コンテンポラリー、作曲&ミュージック・プロダクション、舞台音楽、アートマネジメント、エンターテインメントマネジメントなどから専攻を選ぶことができます。

修士課程では、音楽、またはアートマネジメント&エンターテインメントマネジメントの2つのコースが用意されています。

学士課程は通常3年ですが、パートタイムの場合には最大6年間まで在籍することが可能です。同様に、修士課程も通常2年間ですが、パートタイムの場合には最大4年間まで在籍可能です。

 

例えば、クラシックの学士号を専攻すると、専門的な訓練と実技レッスンに加え、学術的学習、アンサンブルが必修で、演技や音響技術、DJテクニックなど多くの選択科目から自分の専門ではないけれど興味のある分野を深めることができます。

 

出願方法は、まずオンラインでフォームを送信し、指定された参考書類とビザ用の提出書類を送付します。その後、オーディションとインタビューが行われる流れとなっています。学費など詳細に関してはHPよりご確認ください。(https://www.aim.edu.au/

 

いかがでしたでしょうか?ヨーロッパの音楽学校とは一味違うカリキュラムになっていて、とても楽しそうですよね!オーストラリアでの音楽&声楽留学も視野にいれてみては?

留学エージェントに資料請求

オーストラリア留学 関連記事

留学エージェントに資料請求

音楽留学&専門留学・キャリアアップ留学 関連記事

> オーストラリア留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

kurara

kurara

フランス・カナダ・スイスへの留学経験あり。今秋から再びヨーロッパへ留学!

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ