ビクトリア留学 – カナダの中でも温暖で美しい街並みが魅力の都市。アウトドア派もノンビリ派も大満足!

 

カナダ ビクトリア留学ビクトリアは、ブリティッシュ・コロンビア州の州都で、バンクーバー島の南端に位置しています。人口は約33万人ほど。気候は温暖で安定しており、治安も良く、フレンドリーな人々が多いため、カナダ国内でも過ごしやすい街として知られています。長くイギリスの植民地であったビクトリアでは、ガーデニング文化やアフタヌーンティーの習慣が根付いており、街のいたるところでイギリスの雰囲気を感じることができます。ビクトリアは、周りを海に囲まれているのでマリンスポーツも盛んです。観光スポットとしては、広大な庭園に四季折々の花が植えられたブッチャートガーデンや実物大のマンモス像を見ることができるロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館などが有名です。

ビクトリアは、フレンドリーな人が多く、小規模の学校が多いため、アットホームな環境で英語を勉強したいという人には向いています。学校はビクトリア大学が有名です。学生数は18,000人ほどで、規模としても大きく、研究機関の評価が高い大学です。

 

カナダ留学でも人気の都市「ビクトリア」で留学するなら、まずは資料請求。留学エージェントによって、プログラムの内容やサポート、費用も異なりますので、よく比較してみましょう!

ビクトリアの気候

ビクトリアはカナダ国内でも比較的温暖な気候です。年間を通じて晴天率も高く気温も暖かいので、カナダ国内でも過ごしやすい都市の1つと言えます。

春(3月~5月)

4月頃から温暖な気候が増え、5月頃から気候が安定しはじめます。とはいえ、朝晩は冷え込むので、冬服の用意は必要です。

夏(6月~8月)

日中の気温は20度を超え、日によっては30度を超す日もあります。特に7月から8月にかけては晴天率が高く、温度も高い日が続きます。ただ夏とは言っても朝晩は冷え込むので、上から羽織れる服があると良いです。

秋(9月~11月)

9月から10月にかけて、徐々に涼しい日が増えていきます。9月の後半からは気温がぐっと下がり、雨の日も多くなるので、防寒対策、雨対策をしっかりとしましょう。

冬(12月~2月)

氷点下を下ることはなく、雪が降ることもないため、日本に比べると温暖な冬と言えます。ただ、ビクトリアの冬は雨の日も多く、気温以上に寒さを感じる日も多いので、防寒対策はしっかりとしましょう。

 

ビクトリアの観光スポット

 

インナー・ハーバー

ビクトリア インナー・ハ-バー

インナー・ハーバーの港沿いに延びる遊歩道の散策コースです。ビクトリアのダウンタウンは、このインナー・ハーバーを取り囲んでいるため、お土産屋さんやレストランが多く、ショッピングにも最適です。夜になると、ライトアップされた州議事堂が水面に映り、美しい景色を眺めることができます。

ブッチャートガーデン

ブッチャートガーデンは、ブッチャート夫妻が石灰岩の採掘跡に草花を植えたことから始まった、22万m²の広大な庭園です。庭園は6つに分けられており、季節ごとの草花を楽しむことができるほか、音楽イベントや花火、冬にはイルミネーションを楽しむこともできます。

ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館

ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館

ブリティッシュ・コロンビア州の自然や歴史についての博物館で、カナダの主要な博物館の1つです。館内には等身大のマンモスの模型があったり、ブリティッシュ・コロンビア州の自然を再現した模型の中を散策することができるので、幅広い世代に人気のあるスポットです。

ビクトリアの交通機関

 

ビクトリアの主な交通機関は、バスです。ビクトリアには、電車がないので、移動の際にはバスを使います。ビクトリアにはBC Transitというバスが走っており、市内を運行しています。料金は現金か、バスチケット(10回分)、バスパス(1か月分)のいずれかの方法で支払います。バスは前から乗り、後ろから降ります。バス停に近づいてもアナウンスがないので、自分でどの場所で降りれば良いか、場所の景色などを確認しておく必要があります。自分の降りるバス停が見えてきたらボタンを押すかひもを引っ張るかし、バスが止まったら運転手さんにお礼を言って、後ろのドアから出ます。バスの発着時間は日本のように正確ではないので注意してください。

 

ビクトリアの物価

カナダの物価

カナダといっても、都市によって物価は異なるもの。物価もチェックしておきましょう。

  • タクシー初乗り:3.50CAD
  • 水(1.5l):2.60CAD
  • 牛乳(1l):2.00CAD
  • 卵(12個入り):3.70CAD
  • リンゴ(1㎏):3.90CAD
  • バナナ(1㎏):1.80CAD
  • オレンジ(1㎏):4.00CAD
  • トマト(1㎏):4.00CAD

平均家賃

<アパート(平均)>

  • 1人部屋(都市):月1,200.00CAD
  • 1人部屋(郊外):月1,000.00CAD

 

ビクトリアでできる留学プログラム

家族経営でアットホームでありながら設備も充実。居心地の良さを追求するならココ!

2001年にカナダ人のスチュワート夫人によって設立された家族経営の語学学校です。平均8人、最大12人という非常に少人数のクラスで、アウトプットを重視した授業を受けることができます。国籍バランスは、ヨーロッパが多く、日本人の割合が少ないのも特徴です。

カナダ ビクトリア留学Stewart college of Languages

カナダ ビクトリア留学Stewart college of Languages カナダ ビクトリア留学Stewart college of Languages

留学エージェント名

ウィッシュインターナショナル

条件

15歳以上

語学学校

Stewart college of Languages

価格

8日間:253,000円~

※出発日により異なります。
詳しい料金は、お問い合わせください。

 

治安が良いロケーション、綺麗な街並み、そしてスピーキング重視の学校

世界30都市にキャンパスを構える世界的な語学学校です。カリキュラムはコミュニケーションが中心で、スピーキングを重視しています。担任制によるマンツーマンのカウンセリングや4週間に1度の講師の方からのレポートなど、質の高い講師の方々と一緒に二人三脚で着実に英語力を上げることができます。

カナダ ビクトリア留学SC GEOS

カナダ ビクトリア留学SC GEOS カナダ ビクトリア留学SC GEOS

留学エージェント名

ウィッシュインターナショナル

条件

16歳以上

語学学校

SC GEOS Languages Plus,Victoria

価格

8日間:243,000円~
※出発日により異なります。

 

 

 

こちらで紹介したプログラムは、ほんの一部。自分の希望にあった留学をするには、多くの留学プログラムの中から、比較して選ぶことが大切です。

「留学voice」は複数の留学会社のプログラムをまとめて取り寄せられて、とっても便利。ぜひ活用してみてくださいね。

 

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る