スペインの首都「マドリード」で留学 – スペインの歴史を感じる観光スポットも充実!

スペイン マドリード

スペインの首都であるマドリード。人口は約316万人でスペイン最大の都市です。東京からは直行便が出ており、所要時間は約15時間。

スペインの文化の発信地でもあります。街の中心プエルタ・デル・ソルの周辺には様々な観光スポットがあり、連日多くの人で賑わいを見せています。気候は比較的温暖で、夏は非常に暑いのが特徴。世界的なサッカークラブであるレアルマドリードの本拠地であり、試合の日には街中が活気づきます。スペインの中心地で様々な文化に触れたい、という人におすすめの都市です。

スペインの中でも人気の留学先「マドリード」で留学するなら、まずは資料請求。留学エージェントによって、プログラムの内容やサポート、費用も異なりますので、よく比較してみましょう!

空気の乾燥に要注意!スペイン マドリードの気候

マドリードは年間を通じて温暖な気候です。湿度は低く、1日の寒暖差が大きいのも特徴です。
春は最高気温が20℃前後、最低気温が12℃前後。1年を通して最も快適な気候の時期です。
夏は非常に暑く、気温が40℃まで上がる日もあります。湿度が低いので不快さはないですが、日差しが強いので注意が必要です。
秋は最高気温が20℃前後、最低気温が10℃前後と快適な気温です。冬に近づくにつれて次第に寒さが厳しくなり、雨の日も多くなっていきます。
冬は寒く、最低気温は3℃前後、最高気温は10℃前後です。東京の冬と同じ服装で問題ありません。

スペインの歴史を感じるスポットがたくさん!マドリードの観光スポット

プエルタ・デル・ソル

プエルタ・デル・ソルは、マドリッドにある広場です。中世に建設された門で朝日の装飾がされています。非常に人通りが多いことで有名で、12月31日にはカウントダウンイベントも行われます。広場の中央にはフェリペ3世の騎馬姿の銅像が建っています。マドリッドの交通、観光の中心になっている場所です。

スペイン マドリードのプエルタ・デル・ソル

国立考古学博物館

国立考古学博物館は、イザベル2世の命によって1867年にマドリッドに設立された博物館です。先史時代から19世紀までの多種多様なコレクションが展示されており、スペインの歴史をする上で欠かせないスポットです。

マドリード王宮

代々スペイン国王の住居として使用されてきたマドリード王宮。現在は住居としては使用されていませんが、その豪華な装飾品や価値の高いコレクションで飾られた内部は、一般の人にも開放されています。

元々はイスラム教徒モハメッド1世が要塞を立てたのが始まり。現在の建物は18世紀、火災で焼失してしまった要塞の跡地にフェリペ5世が建てたものです。貴重なコレクションを楽しめるとともに、スペインの歴史に触れることができるスポットです。

スペインのマドリード王宮

電車が便利!マドリードの交通機関

マドリード最大の空港であるバラハス空港から市内への交通手段は、バス、地下鉄、鉄道があります。どの交通手段を利用しても20分~40分ほどで市内に着くことができます。観光に来た人の多くはバスを利用するそうです。
市内の主要な交通機関はバス、地下鉄、鉄道です。マドリードのバスはEMTという会社が運行しており、マドリードほぼ全域を走っています。乗車券は地下鉄など市内の交通機関であれば共通で使用でき、回数券などもあるため、定期的に市内の交通機関を利用する人には便利です。なお、バスは手を上げないと止まらないので注意が必要です。
地下鉄は路線ごとに色分けされており、料金も安いので非常に便利です。料金はゾーン制で、中心地から離れるごとに料金が上がっていきます。乗車券には回数券や乗り放題券などがあり、バス同様、定期的に利用する場合には便利です。乗車券はバスなど市内の交通機関で利用することができます。
マドリード郊外へのアクセスには料金が安く目的地まで早く着くことができる鉄道利用が便利です。なお鉄道の乗車券もバス、地下鉄共通で利用できます。

スペイン マドリード

留学するなら気になる!マドリードの物価

バルセロナよりは安めの物価ですが、他のスペインの都市と比較すると、観光地ということもあり高めになります。

スペインは都市によって、物価も異なります。各都市の物価はチェックしておきましょう。

  • タクシー初乗り:2.98
  • 水(1.5l):0.63
  • 牛乳(1l):0.81
  • 卵(12個入り):1.71
  • リンゴ(1㎏):1.69
  • バナナ(1㎏):1.68
  • オレンジ(1㎏):1.71
  • トマト(1㎏):1.81

スペイン料理

自分にあったプログラムをみつけよう!スペイン マドリードでできる留学プログラム

スペイン語に、アクティビティに欲張りな方にオススメのコース

校舎は、観光や待ち合わせスポットとして知られる「ポルタ・デル・ソル」の近くにあります。
マドリードの中心にありますので、ショッピングや食事などにも便利です。
スタンダードコースは、午前中にスペイン語のレッスンを受け、午後はスペイン マドリードを満喫できるアクティビティがあります。
人気の観光スポット以外にも、夜のマドリード観光などもあり、短期間でも充実した時間を過ごすことができます。

・滞在方法:スタンダードアパートメント、ホームステイ、レジデンス

・費用:
週20レッスンのスタンダードコース、ホームステイの場合
2週間 620ユーロ~

・学校:
シュプラッハカフェ マドリード校
Sprachcaffe Languages Plus, Madrid

マドリード最大の語学学校で、自分にあったコースを選ぶ

ドンキホーテは、マドリードでも最大の語学学校。
校舎は、アルゲジェス地区にある、アルバ侯爵夫人の住むリリア宮の隣。マドリードの中でも緑の多い場所にあります。
近くには、地下鉄の駅も複数あり、通学には便利な立地です。
校舎の上には、学生レジデンスがあるので、学生レジデンスに滞在すれば、エレベーターを利用するだけで、学校に到着します。

コースは、インテンシブスペイン語コースの他、医療スペイン語、SIELE検定試験対策コース、マンツーマンコースなど充実。目的に応じて、コースを選ぶことができます。

・滞在方法:ホームステイ、シェアフラット/アパート、学生レジデンス/ファミリーレジデンス、プレミアムアコモデーション

・費用:
インテンシブコースの場合
1週間 169ユーロ~

・学校:
ドンキホーテ・マドリッド校
donQuijote, Madrid

コミュニケーションを取りながら、楽しくスペイン語を身に付けたい方に人気

スタンダードインテンシブスペイン語コースは、午前中から午後13時までレッスンがあり、その後はスペインの文化を楽しむアクティビティが用意されています。
クラスメイトやタンデムパートナーと一緒に公園を散策したり、タパスを楽しんだりと充実した時間を過ごすことができます。

・滞在方法:ホームステイ、学生寮、アパート、ホテル

・費用:
週22レッスンのスタンダードインテンシブスペイン語コースの場合
1週間 215ユーロ~

・学校:
タンデム マドリッド校
Tandem Madrid

 

観光地としても人気のスペイン バレンシア。パエリアの発祥の地でもあるので、スペイン料理も楽しみですね。

「留学voice」は複数の留学会社のプログラムをまとめて取り寄せられて、とっても便利。ぜひ活用してみてくださいね。

留学エージェントに資料請求

スペイン留学 関連記事

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る