【北京留学】中国の政治と文化の中心で学ぼう

中国 北京

北京は中華人民共和国の首都です。

上海が経済的・国際的な発展を目指す一方で、北京は政治的思想を重視しており、北京市内には数々の歴史的建造物が存在しています。

北京には、北京語という方便のような言語があります。しかし、一般的な中国語として知られている「普通話」は、北京語をベースにして作られたものなので、日本の大学で学ぶような「普通話」でも通じます。

また、首都なだけあってイトーヨーカドーやイオンなども進出しており、日本人にとっては暮らしやすいと思います。

中国留学でも人気の都市「北京」で留学するなら、まずは資料請求。留学エージェントによって、プログラムの内容やサポート、費用も異なりますので、よく比較してみましょう!

留学エージェントに資料請求

北京の気候

春(4月上旬~4月下旬)

平均で日中は20℃前後ですが、上旬はまだ少し肌寒く、下旬は半袖でも過ごせる日があります。

日差しがとても強くなる日もあるので、服装選びが難しくなります。

また、この時期は柳絮や花粉が舞う時期なので、(花粉症の人は特に)しっかりと対策を!

夏(5月上旬~9月上旬)

5月頃から蚊も現れ始め、6月には日中の平均気温が30℃ほどになります。

7月、8月は日中に35℃を超える日も多く、夜間も25℃前後と夏真っ盛りです。日本に比べて湿度は低いですが、暑いことに変わりはないので熱中症にならないように気を付けましょう。

9月は少し気温が下がりますが、上旬はまだ30℃を超える日が多いです。

建物の中は冷房が効きすぎて寒いことが多いので、羽織れるものは常に持っていた方が良いでしょう。

秋(9月下旬~10月下旬)

9月下旬からは平均最高気温も25℃ほどで、涼しくなってきます。

10月上旬までは心地よい気温が続きますが、下旬になると少し厚手の上着が必要なほど寒くなる日も増えます。

冬(11月上旬~3月下旬)

11月は下旬になるとマイナス気温になることも増えてくるので、上着が手放せなくなります。

そして12月、1月、2月、ものすごく寒いです。特に1月は最高気温が0℃近く、マイナス10℃以下の日も少なくはありません。

3月下旬頃には少し暖かくなり、日中は10℃以上になりますが、朝晩はまだ0℃近くなることもあります。

また、北京では11月頃から暑いと感じるほどに室内でヒーターをガンガンにきかせているので、ショッピングやレストランに行く際には上着の下は薄手の服を着ていくと良いでしょう。

中国 北京観光

中国 北京の観光スポット

万里の長城

世界文化遺産を見に行こう!!

世界最大の大城壁で、全長はなんと約22000キロもあります。

現在残っているのは約6000キロほどですが、それでもすごい…

敵の侵入・襲来を防ぐために造られた壁を泰の始皇帝が何百万人もの人々を使ってつなぎ合わせたことで出来上がったのだそうです。

登り切るまでが大変ですが、上から見る景色は本当に素晴らしいものです。運動がてら、ぜひ!

中国 北京の万里の長城

天安門

天安門正面には毛沢東の巨大な肖像画が掲げられており、北京のシンボルとも呼ばれている場所です。

中華人民共和国開国宣言や天安門事件など、数々の中国歴史の舞台になった場所なので、一度は訪れておいた方がいいかも!?

中国 北京の天安門

故宮博物院

故宮博物院は世界最大の宮殿と言われています。

敷地内にはいくつもの宮殿があり、映画「ラストエンペラー」のロケ場所でもあります。

中国の歴史を感じたいなら、是非足を運んでみてください!

中国 北京の故宮博物院

北京の交通機関

北京市内の交通機関は主にタクシー、バス、地下鉄の3つがあります。ちなみに、イーカートンという中国のSuicaのようなカードを購入するとバスや地下鉄はもちろん、一部のタクシーでも使用可能なので便利です。

タクシーの初乗りは約220円(2017年10月現在)で、3キロメートル以降は1キロ毎に40円追加されます。

予算が限られているけど時間はたっぷりある方にはバスがおすすめです。初乗りが大体35円ほどで、5キロごとに17円ほどづつ追加されます。

また、地下鉄の場合は、6キロ以内は51円、12キロまでが68円、32キロまでが85円、32キロ以上は20キロごとに約17円が加算されます。

タクシーやバスを利用する場合、朝や夕方は渋滞になることが非常に多いので、荷物がそこまで多くない場合や急いでいる場合には地下鉄を利用するのが良いでしょう。

北京の交通標識

北京の物価

交通費

地下鉄運賃10駅 約68円

バス運賃10駅 約34円

タクシー初乗り 約221円

食費

トマト500g当たり 約65円

鶏肉500g当たり 約136円

牛乳500ml当たり 約97円

卵1パック当たり 約122円

生活費

携帯通話料金1分当たり 約7円

電気代(中国単位)1度数当たり 約8円

水道代1平方メートル当たり 約68円

中国北京留学

北京でできる留学プログラム

最も長い対外国人漢語教育の歴史を有する大学で学ぶ!

中国国内で最も長い外国人向け中国語教育の歴史がある大学での留学プログラムです。その歴史は世界各国から評価されており、毎年多くの教員が国内外多数の大学に招かれ第二外国語としての中国語を教えています。以下で紹介するプログラム以外でも、最短4週間から1年まで、期間(各期間の費用は異なる)を選ぶができるので、自分に合った留学コースを選択することができます。

プログラム情報

留学エージェント名:毎日エデュケーション(海外留学サポートセンター)

語学学校:北京言語大学

対象:18~60歳

留学費用:4週間 97,750円~

費用内訳:4週間授業料(59,500円)、出願料(10,200円)、2人部屋1日x4週間分(28,050円~)

※詳しくはお問い合わせください

誰もが知る中国一の名門校でマンツーマン!

中国初の国立総合大学であり、国内トップクラスの教育レベルを誇る名門校でのプログラムです。トップレベルの学生が集まる大学で、濃い大学生活を送りながら中国語強化に励むことができるでしょう!

プログラム情報

留学エージェント名:日本アジア文化センター

語学学校:北京大学

対象:18~60歳

留学費用:1週間(最低の日数) 138,000円~(授業料)

※詳しくはお問い合わせください

最短4泊5日!北京を満喫しながら中国語を学ぶ

成人教育専門の大学です。キャリアは10年と短いですが、教員は全員が中国語を専門とし、アットホームで馴染みやすい学校です。

追加オプションでフリータイムに北京観光プランも選ぶことができるので、プログラムに参加する際には是非!

プログラム情報

留学エージェント名:オンライン中国留学サポートセンター

語学学校:北京広播電視大学

対象:16~70歳(未成年は親の同意が必要)

留学費用:4泊5日 57,260円~

費用内訳:個人レッスン授業料、登録費、宿泊費、空港⇔学校送迎費(出迎えと送り2回)、留学サポート料金など。

※詳しくはお問い合わせください

 

留学エージェントによって、プログラムの内容やサポート、費用も異なりますので、よく比較してみましょう!

留学エージェント

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

Matt

Matt香港留学

中国での滞在経験、アメリカでのホームステイ経験、香港での留学経験があります。
肉と中華が大好きです。

関連記事

ページ上部へ戻る