【イギリス留学ビザ】どのビザを取る?Tier4ビザでできること

ukvisaimage

留学先の大学から入学許可を貰ったら、次のステップはビザ取得です。

自分がどのビザを取る必要があるか調べてみましょう。

今回はイギリス学生ビザの種類と、その中でも長期留学に必要な【Tier4】(ティアフォー)ビザの基本情報について、取得の際必要なものや、ビザでできることをご紹介します。

ビザの種類

イギリス留学に必要なビザは、プログラムの種類と期間によって異なります。

自分の留学先のホームページにも記載してある場合が多いのでそちらも合わせて見てみましょう。

【Short-term Study visa】短期学生ビザ

・11ヵ月未満の語学留学
・6か月未満の大学・専門学校への留学

の場合はこのビザを取得します。

プログラムに関わらず、6か月未満の滞在の場合、事前申請は基本的に不要です。入国審査の際に入学許可証などの必要書類を提出し、パスポートに滞在許可を貰います。

この短期学生ビザではイギリス国内での就労、滞在期間の延長申請はできません。

【Tier4(General)student visa】学生ビザ

・11ヵ月以上の語学留学
・6ヵ月以上の大学・専門学校への留学

の場合はこちらです。

※18歳未満の場合は【Tier4(kids)student visa】になります。

Tier4(General)student visaとは

18歳以上でイギリスに長期留学する場合、【Tier4(General)student visa】を取得する必要があります。

滞在できる期間

留学プログラムの長さに応じて滞在できる期間が決まっており、
例えば授業期間が6ヵ月から12ヵ月未満であれば、プログラム開始1週間前から
終了2ヵ月後まで滞在することができます。

Tier4取得の条件

(1)留学先の大学に入学許可証(Confirmation of Acceptance for Studies:CAS)をもらっていること
(2)英語を読み、聴き、話し理解する能力があること
(3)滞在中生活できる資金を有していること

があります。

(2)の英語能力についてはCASを取得する際にも必要になりますが、学部留学であればIELTS(アイエルツ)のスコアが5.5以上であることが目安です。

(3)の財産証明については、日本人に関しては基本的に必要ありません。取得の際ビザセンターに提出を求められた場合は、銀行口座の残高を証明する書類が必要になります(要翻訳)。

費用

ビザ申請にかかる費用として、
1人335ポンド(50,250円、1ポンド=150円として)に加えて、6か月以上滞在の場合は国民健康保険である【immigration health surcharge (IHS)】の保険料を年間あたり150ポンド(22,500円)を支払わなければなりません。

Tier4ビザでできること、使い方

身分証明として携帯

Tier4ビザはイギリス入国後に郵便局や留学先の学校で受け取ります。

クレジットカードサイズで顔写真とICチップが付いており、滞在中はこれが身分証明になります。

例えば旅行でイギリスを一旦離れた時は、再入国時に必ずビザの提示を求められます。

また、病院で保険を使う際にも必要なので、失くさず常に携帯しましょう。

アルバイトもできる!

partimejob

Tier4(General)ビザでは週に20時間までの就労が可能です(語学コースの場合は週10時間)。

アルバイトする際には雇用主にビザを見せ、そこに記載されている上限時間をチェックされます。

イギリスは物価が高いので、生活費の足しにするため授業の合間や長期休みにアルバイトをしてみるのもいい経験になるのではないでしょうか。

日本食レストランなど、日本人が経営しているお店は特に人気のアルバイト先です!

留学中も厳しくチェック?

無事にビザが下りて、留学生活がスタートしたあとも油断はできません。

『Tier4を持っている=留学生としてきちんと勉学に励まなければならないという義務がある』ということです。

授業に出席しない、成績が悪い、あるいはアルバイトばかりしていることが発覚するとビザが取り消されたり、最悪の場合は再入国不可になったりすることもあります。

留学先の学校は、学生の出席状況や成績を定期的に調べ、問題があればイミグレーションに報告するので、そうならないよう気を抜かずに勉強しなければなりません。

 

取得申請について

Tier4ビザ取得申請の流れについてはこちらのリンクを参考にしてみて下さい!

【最新版】イギリス留学 学生(Tier 4)ビザの取り方

tier4link

イギリスビザは個人で取得することも可能ですが、留学ビザ代行エージェントなどを利用すると面倒な書類作成の手間を省けます。

また、夏休みや年末は申請に時間がかかるので、余裕をもって準備しましょう。
留学プログラム開始3ヵ月前から申請することができますが、書類の作成などもあるので大体5ヵ月前から準備を始めておくのがよいかと思います。

 

ビザ取得ができれば留学生活スタートまでもうすぐです!

 

留学したい!と思ったら…パンフお取りよせ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事の著者

えり

えり★イギリス交換留学経験者

イギリス・ロンドンに1年間留学。専攻科目はジェンダー学。ロンドン留学の魅力をお伝えしていきます!

関連記事

ページ上部へ戻る