アメリカ語学留学のすすめ

アメリカは留学に行ってみたい国の常に上位に選ばれています。アメリカへの語学留学を夢見るひとも多いのではないでしょうか。日本でも音楽やファッション、映画などの流行をアメリカから取り入れて生活して楽しんでいる人が多くいます。そんなアメリカでの語学留学事情を見ていきます。

WHY?アメリカに語学留学

アメリカに語学留学する魅力の一つは幅広い選択肢にあります。大学やコミュニティ・カレッジ付属の語学学校から語学学校專門の学校まで語学学校の種類も豊富ですし、滞在方法もホームステイや寮生活、シェアハウスなど様々です。自分の目的やライフスタイルにあった語学学校や留学スタイルが見つかります。

また、アメリカはその広い国土ゆえに地方ごとに文化が違うので、同じ国内にいても、都市や街、地域を変えるだけど、違う世界に飛び込むような不思議さがあります。なので、いろんな文化を体験してみたい人にもおすすめです。都市部と郊外では生活環境が全然違うので、自分が快適に過ごすことのできる環境を選ぶことができます。

語学学校で受講できるコースも豊富で、自分の目的に会わせた留学プログラムが組みやすくなっています。ビジネス英語コースや大学・大学院留学を目指すひとのための学術英語コース、日常英語コースなど様々なプログラムがあります。大学付属の語学学校の場合は大学の授業の聴講生になることもできる場合も多いですし、実際に大学の本科に通う学生との交流のチャンスも多く、大学留学は難しい場合でも、大学留学気分を味わうことができます。

アメリカへ留学する場合には、たとえ一週間だけでも周18時間以上授業を受講する場合は学生ビザが必要になるので、事前の準備が肝心です。

アメリカ留学、行くならどこ?

アメリカは国土面積が世界第4位という大国です。アメリカはたとえ言語が共通だとしても、行く土地によって雰囲気も文化も違います。

アメリカで語学留学では、ニューヨーク、ボストン、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シカゴ、シアトル、ハワイなどが語学学校が多く、かつ人気の渡航先になっています。それぞれの都市には主に、以下の特色があります。

  • ニューヨーク:アメリカの心臓部とも言える大都市であり、世界経済の中心地。観光名所も多く、外国人の多い都市でもあります。大きな都市なので公共交通機関が発達しているので、交通の利便性は◎。
  • ボストン:歴史あるアメリカの古き良き都市であり、多くの名門大学が集まる学生街としても知られます。アメリカ国内だけではなく、世界中から多くの学生が集まる伝統的で落ち着いた街です。公共交通機関も発達しているので、交通の利便性も◎。
  • サンフランシスコ:西海岸の玄関口であり、留学生を多く受け入れている国際都市です。観光名所も多い都市です。一年を通して気候も穏やかで過ごしやすく、極度に熱い気候や寒い気候が苦手なひとには快適に過ごせるのでおすすめです。滞在には自動車の免許があると、より楽しめるかも。
  • ロサンゼルス:一年を通して雨が少なく乾いた、温暖な過ごしやすい気候の都市です。観光都市とも知られ、遊び場も多いので、勉強だけではなく、せっかくのアメリカで遊びも満喫したい人におすすめです。
  • シカゴ:五大湖の一つミシガン湖に面した、中西部最大の街です。春と秋が短く、夏は爽やかで過ごしやすく、冬は寒さが厳しいことが特徴です。イベントが多いのは夏なので、留学で行くなら夏がおすすめです。
  • シアトル:日本からの直行便で一番近い都市であり、海あり山ありの自然が豊かな街です。高緯度ですが、冬でも気温があまり下がらず、降雪も少ないです。
  • ハワイ:言わずと知れた夢のリゾート地のハワイは留学先としてもおすすめです。アメリカの中でも、日本人が多く、親日の人々が多いので、渡航先として安心度が高いです。ただし、滞在費は他の都市と比べるとリゾート価格で高めです。リゾートでリラックスしながら、英語も身に着けたい人におすすめです。

まとめ

アメリカでの語学留学は様々なプログラムがあり、自分の目的にあった留学が可能です。アメリカは国土が広大で、地域によって特色ある文化が体験できます。交通の利便性など、生活環境は都市部と郊外、地方で様々なので自分にあった環境で留学することが、留学を成功させる鍵の一つかもしれません。語学留学の渡航先で人気なのは、ロサンゼルスやニューヨーク、シカゴなど都市部が多いですが、あえて地方に留学して自然とカントリーカルチャーを満喫するのもおすすめです。

参考

留学したい!と思ったら…パンフお取りよせ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事の著者

mm

mm

アメリカ長期滞在中

関連記事

ページ上部へ戻る